新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

フィンランド「軍隊をアフガニスタンへ派遣」

https://www.svtstatic.se/image/wide/992/32244395/1629460542?format=auto

アフガニスタンイスラム主義組織タリバンが政権掌握

8月15日に中東に位置するアフガニスタンイスラム主義組織タリバンが政権を掌握したというニュースが世界を駆け抜けました。

 

8月20日時事通信によれば、

アフガニスタンイスラム主義組織タリバンの政権掌握を受け、過去20年にわたり民主主義体制の恩恵を享受してきた市民は、今後アフガンがイスラム統治に逆戻りするのではと懸念している。従来とは違う柔軟姿勢も示唆するタリバンを信じて良いのか―。人々は苦悩の表情を見せる。

 

15日のタリバンの政権奪取後数万人とも言われる市民が国外脱出を図り、空港に押し寄せた。米政府は19日、過去5日間で計7000人を首都カブールから退避させたと発表した。

と記しています。

 

www.jiji.com

スウェーデン当局、アフガニスタンからリスト者170名以上が退避

スウェーデンでもタリバンの政権樹立は大きなニュースであり、連日のようにニュースで報道されています。

 

8月20日の公共テレビSVTによれば、アン・リンデ外相がアフガニスタンに住むスウェーデン人を救出するため、約400人以上の救出スウェーデン人リストを作成したと報じています。

 

www.svt.se

8月23日の記事によれば、現在、約500人がこのリストにスウェーデンの市民権や居住許可を持っている人が登録されていますが、スウェーデン当局はアフガニスタンから170人以上を避難させたと報道しています。

 

www.svt.se

 

フィンランド政府は軍隊派遣決定

スウェーデンの隣国であるフィンランドでは、政府がアフガニスタンとカブール空港に軍隊を派遣することを決定しました。

 

8月20日の公共テレビSVTによると、8月19日の夜の記者会見でフィンランドペッカ・ハーヴィスト外務大臣が、アフガニスタンとカブール空港に軍隊を派遣することを発表したと報じています。

 

アンティ・カイコネン国防相によると、空港やその付近へ「数十人」の兵士を派遣するとの事です。 派遣の目的は、民間人を保護し、アフガニスタンにいるフィンランド人と、フィンランドからの保護を受けるアフガニスタン人を避難させるためとのことです。

 

アンティ・カイコネン国防相は、

他の幾つかの国々もアフガニスタンへ軍隊を投入することを計画している

と述べています。

 

www.svt.se 

www.hbl.fi 

8月20日日本経済新聞によれば、

岸信夫防衛相20日の記者会見で、アフガニスタン日本大使館職員の退避に自衛隊機の派遣を検討していたと明らかにした。派遣に至らなかった理由について「現地の治安情勢が急激に悪化した。関係国の軍用機で退避するのが最も迅速な手段だということを踏まえた」と説明した。

と記されています。

 

各国ともアフガニスタンでのイスラム主義組織タリバン政権成立により、自国民および関係者の退避に尽力するため、軍隊を派遣する国もでてきています。

 

www.nikkei.com 

kon-51.hatenablog.com