新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

フィンランド「スウェーデン抜きでNATO加盟申請すすめる可能性を示唆」

https://imageproxy.a2d.tv/?source=https%3A%2F%2Ftvmedia.image-service.eu-north-1-prod.vmnd.tv%2Fapi%2Fv2%2Fimg%2F63c522fde4b05096c3393a9f-1673865543730%3Flocation%3Dmain&width=1200

フィンランドスウェーデン抜きでNATO加盟申請すすめる可能性を示唆」

 

1月24日のスウェーデン共テレビによれば、スウェーデン極右政治家がコーランを燃やす事件をうけ、スウェーデンとトルコの中急速に悪化する中、フィンランドスウェーデン抜きでNATO加盟申請をすすめる可能性があることを、フィンランドのペッカ・ハーヴィスト外相がほのめかしていると報じています。

 

これまでフィンランドは、スウェーデンとともにNATO軍事同盟に参加することを述べていました。

 

2週間前ほど前に、ペッカ・ハーヴィスト外相は

「私たちは(スウェーデンと)一緒にNATO申請書を提出しました。私たちは一緒にNATO加盟のプロセスを完了します」と述べ、スウェーデンフィンランドが一緒になって軍事戦略ユニットを形成していく方針を述べていました。

 

しかし、スウェーデンとトルコの関係がますます冷え込んだ後、1月24日の朝にフィンランドペッカ・ハーヴィスト外相は、フィンランドがその方針を再評価するかどうか尋ねられ、

もちろん、スウェーデンの申請が今後長い間行き詰まることが判明した場合には、状況を再度検討する必要がある

フィンランド公共放送Yleで語りました。

 

スウェーデンとトルコの関係は、ここ数週間で著しく悪化しました。

 

クルド人活動家グループであるロジャヴァのためのスウェーデン連帯委員会が、ストックホルム中心部でトルコのエルドアン大統領を表す吊り下げた人形をもちいデモを行うことをスウェーデン当局が許可した後、トルコ政府はスウェーデンに鋭い批判を行いました。

 

またスウェーデンの極右の政治家ラスムス・パルダンが今週末、トルコ大使館の外でコーランを燃やした後も、トルコはスウェーデンへ強い非難を行いました。

 

1月23日、トルコのエルドアン大統領は、

トルコとイスラム教徒に敬意を示さない限り、スウェーデンはもはやトルコからの NATO 支援を期待できない

と発言しています。

 

www.svt.se