スウェーデン 福祉大国の深層 続報!

『スウェーデン 福祉大国の深層』を水曜社より商業出版(政府刊行物)して頂けました。読者の方からの要望を頂きスウェーデンの時事ニュースを主な内容とし、日本にも役立ち社会貢献にもつながるようなブログを記させて頂きます。

スウェーデン「トルコ大統領がNATO加盟支持期待すべきでないと非難」

https://images.cdn.yle.fi/image/upload/f_auto,fl_progressive/q_auto/w_3304,h_1856,c_crop,x_0,y_284/w_500/dpr_2/v1652718343/39-95580462827ad24341f.jpg

スウェーデン「トルコ大統領がNATO加盟支持期待すべきでないと非難」

1月24日のスウェーデン共テレビによれば、トルコ大統領がスウェーデンNATO加盟支持期待すべきでないと非難していると報じています。

 

www.svt.se

またロイター通信によれば下記のように報じられています。

 

トルコのエルドアン大統領は23日、週末の間にスウェーデンの首都ストックホルムで行われた抗議デモでイスラム教の聖典コーランが燃やされたことを受け、スウェーデン北大西洋条約機構NATO)加盟を巡りトルコの支持を期待すべきではないと語った。  エルドアン大統領は閣議後の演説で「(ストックホルムの)トルコ大使館前でこうした冒涜を許す者は、NATO加盟に対するトルコの支持を期待すべきでない」と述べた。

 

ストックホルムで21日に実施された抗議デモでは、移民に反対する極右の政治家がトルコ大使館付近でコーランに火をつけた。これを受け、トルコ外務省は「聖典に対する卑劣な攻撃を最も強い言葉で非難する」としたほか、サウジアラビア、ヨルダン、クウェートなども非難している。

 

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、スウェーデンフィンランドと共に昨年、NATOに加盟を申請したが、加盟にはトルコの支持が必要。エルドアン大統領は「テロ組織のメンバーやイスラムの敵を保護するなら、自国の安全のために彼らの支持を求めるべきだ」と語った。

 

トルコはこの件に関してスウェーデン大使を召喚。予定されていたスウェーデン防相アンカラ訪問も中止された。

 

ビルストロム・スウェーデン外相はロイターに対し、エルドアン大統領の発言内容を正確に理解したいとた上で「スウェーデンフィンランド、トルコの間のNATO加盟を巡る合意を尊重したい」と述べた。