新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「コーラン焼却実行者、サワラン・モミカ 国外追放決定」

https://images.lomediehus.se/app/uploads/2023/08/31074359/salwan-momika.jpg?w=1200&auto=format&crop=faces&facepad=10&fit=crop&q=50

スウェーデンコーラン焼却実行者、サワラン・モミカ 国外追放決定」

 10月27日のSVTによれば、これまでスウェーデンコーランを焼却してきた、イラク人難民のサワランモミカ氏が国外退去させられることが決定しました。

 

下記に SVTの記事を抜粋します。

 

以下は、提供されたテキストの翻訳です。

コーラン焼きのSalwan Momikaは国外追放される予定です - 「私は出ていかない」
昨日更新されました 20:43 公開されました 16:36
移民局は、スウェーデンからSalwan Momikaを国外追放すると発表しました。彼は滞在許可が延長されないためです。これはMomikaが滞在許可申請時に当局に虚偽の情報を提供したという理由からです。

SVTが取得した決定によれば、移民局はSalwan Momikaの居住および労働許可、難民ステータス宣言を撤回し、彼を国外追放し、「5年間の帰国を禁止します」。

Salwan Momikaは2021年4月にスウェーデンに移民として登録され、3年間の滞在許可を受けました。

移民局の広報担当者、Jesper Tengrothによれば、この件は機密事項に関連しています。

- 奴らは、スウェーデンでの滞在許可申請時に彼の保護ニーズについて虚偽の情報を提供したと判断したとのことです。詳細には言及できません」と彼は述べています。

期間限定の許可
移民局はまた、Momikaに対して2023年10月25日から2024年4月16日までの期間限定の滞在許可を付与すると述べており、これはIrakでの拷問の危険性があるという理由によるものです。TV4 Nyheternaが最初に報じました。

Salwan MomikaはSVT Nyheterに語り、この決定に従わないと述べています。

- スウェーデンから出ていかない。スウェーデンで生き、死ぬつもりです。移民局は重大な誤りを犯しました。この決定には隠れた政治的な動機があると疑っています。上訴します」とMomikaはSVTに述べました。

Salwan Momikaの弁護士であるAlice Cullbergは、上訴するつもりだとSVTに述べています。

- 移民局の決定は誤っていると考えています。証拠は不十分だと考えています」と彼女は述べています。

具体的な例を挙げることはできますか?

- 上訴に関連して詳細が明らかになります」と彼女は述べています。

Momikaは以前、移民局との長いミーティングで呼ばれたことが報じられています。このミーティングは2023年8月に行われ、Momikaの滞在許可に関する調査の開始でした。SVTの情報によれば、Momikaはイラクのいくつかの写真について尋ねられ、それらの写真には軍事環境で武器を持っていたとされるものが含まれていました。これは彼自身が主張したこととは対照的で、彼が政治家であるだけでなく、武装勢力の一員でもあったことを証明するものでした。

 

 

www.svt.se