新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「トルコ エルドアン大統領はスウェーデンのNATO申請書を議会に提出」

 

https://images.cdn.yle.fi/image/upload/f_auto,fl_progressive/q_auto/w_4109/w_500/dpr_2/v1685107189/39-106342463d025aa90c45.jpg

スウェーデン「トルコ エルドアン大統領はスウェーデンNATO申請書を議会に提出」

スウェーデン共テレビSVTによると、

トルコの大統領エルドアンは、スウェーデンNATO加盟申請を議会に承認のため提出しました。

 

下記にSVTの記事を抜粋します。

 

トルコの大統領エルドアンは、トルコの大統領府によれば、スウェーデンNATO加盟申請を議会に承認のため提出しました。

 

スウェーデンの首相ウルフ・クリスターソンはX上で「喜ばしい知らせです」と述べています。

トルコの大統領府によれば、エルドアンスウェーデンNATO加盟に関する協定に署名したことをX上で発表しています。

 

スウェーデンの首相ウルフ・クリスターソン(M)はX上で、トルコの大統領エルドアンが承認文書をトルコ議会に提出したことについて「トルコの議会がこの問題を扱うことが残されています。NATOのメンバーになることを楽しみにしています」とコメントしています。

 

NATO事務総長のイェンス・ストルテンベルクは、トルコの議会での「迅速な採決」を期待しており、米国国務省の広報担当者であるマシュー・ミラーも「この段階を歓迎し、我々はこの承認を求めていました。トルコ議会での承認文書の扱いと速やかな承認を楽しみにしています」と述べています。

 

ビアスビルストロム外相(M)も喜ばしい発表だと述べ、スウェーデンNATOに加盟する時期として11月末を指摘しています。しかし、外相はまだすべてが確定していないため、早まって判断すべきではないとも述べています。

 

ストックホルム大学のトルコ研究所の所長であるポール・レヴィンは、この問題が今週または来週にも議会で審議される可能性があると予想していますが、結果はまだ不明確です。

 

彼は「これは大きな一歩ですが、最終段階ではありません。まだ早計に喜ぶべきではないと思います。エルドアンが自身の議会議員や政府連立内の議員にどれだけ圧力をかけるかにかかっており、その場合、非常に迅速に進む可能性があります」と述べています。

 

www.svt.se