スウェーデン 福祉大国の深層 続報!

『スウェーデン 福祉大国の深層』を水曜社より商業出版(政府刊行物)して頂けました。読者の方からの要望を頂きスウェーデンの時事ニュースを主な内容とし、日本にも役立ち社会貢献にもつながるようなブログを記させて頂きます。

スウェーデン標的のテロ発生「イスラム教徒の復讐、自動小銃で2人射殺、1人負傷」

https://images.cdn.yle.fi/image/upload/ar_1.4998514998514998,c_fill,g_faces,h_800,w_1200/dpr_2.0/q_auto:eco/f_auto/fl_lossy/v1697519612/39-1187200652e172ef3287

スウェーデン標的のテロ発生「イスラム教徒の復讐、自動小銃で2人射殺、1人負傷」

2023年10月16日に、ベルギーのブリュッセルで、ベルギーvsスウェーデンサッカー戦争が行われましたが、試合観戦後のスウェーデン人2人が自動小銃で銃殺されました。もう1人は負傷でした。

 

SVTによれば、犯人の動機は、これまでコーラン焼却イスラム教を冒涜してきたスウェーデンに対する復讐行為であり、スウェーデン人を標的に銃撃をしたと報じています。

 

下記にSVT の記事を抜粋します。

 

テロ研究者は事件について言います: "驚きましたが、驚いたわけではありません"
本日更新 10:53、昨日公開 22:35
月曜の夜、ベルギーの首都ブリュッセルで2人のスウェーデン人が射殺されました。容疑者は出来事をビデオに収め、後でビデオでISテロ組織に所属していることを述べました。

 

- 私は驚きましたが、特に驚いたわけではありません。スウェーデンスウェーデン人には非常に多くの焦点が当てられてきました。テロ犯罪研究者のマグヌス・ランストルプは、SVTに語ります。

 

事件は月曜の夜、ブリュッセルの中心部、モレンベーク地区で午後7時15分頃に発生しました。

 

"私はイスラムの復讐として、スウェーデン人を殺しました"、事件の後、容疑者はXソーシャルメディアプラットフォームに投稿したビデオで述べました。

 

事件は、スウェーデンとベルギーの間で1時間半後に行われるはずだったスウェーデンとベルギーの間でのEURO2020予選試合の開催地から約5キロ離れた場所で発生しました。

 

ランストロプ: "偶然ではない"
テロ研究者マグヌス・ランストロプは、発生したことに驚きましたが、特に驚いたわけではないと述べています。

- コーラン焼却事件とLVUキャンペーンの後に発生したテロ脅威のため、スウェーデンスウェーデン人に非常に多くの焦点が当てられてきました。これは偶然ではなく、彼はスウェーデン人を狙ったのです。

ブリュッセルでの出来事は、イスラエルハマスの間の紛争の約1週間後に発生しましたが、マグヌス・ランストロプは事件との関連性を信じていないと述べています。

 

- スウェーデンはそれに直接関与していません。LVUキャンペーン、コーラン焼却事件、テロ脅威の高まり、そして5〜6のテロ組織がスウェーデンスウェーデン人に対して具体的な脅威を向けてきた背景でこの出来事を見るべきです。それ以外の理由はないのです。

 

あなたは近い将来、スウェーデンスウェーデン人に対するテロ事件を見るリスクをどのように評価しますか?

- リスクは存在しますが、治安警察はスウェーデンで攻撃的な人々を十分に監視しており、これを行う可能性のある人々について良く把握しています。また、特定の国境の監視も強化されています。マグヌス・ランストロプはSVTのMorgonstudionで述べています。

 

www.svt.se

 

この事件によりベルギーはテロ警戒レベルを最大にまで引き上げました。その後、ベルギー警察により犯人は銃殺されます。

 

クリスターソン首相:スウェーデンスウェーデン人を標的にしたテロと発表

 

このブログでも何度も記載していますが、コーラン焼却によりイスラム国家やイスラム教徒からの強い反発をもたらし引き起こされたものです。

 

現在、スウェーデン政府はテロ警戒レベルを5段階中4に引き上げています。

 

スウェーデンのクリスターソン首相はプレスカンファレンスで、

すべての証拠から、これはスウェーデンスウェーデン市民を標的としたテロ攻撃であると言えます。ただ彼らがスウェーデン人であるためだけの攻撃です。

と述べています。

 

下記は、スウェーデン首相がこのテロに対しての声明した動画です。

 

今回は、海外であるベルギーでテロがおきましたが、スウェーデン国内で起きる可能性は大きいです。

 

スウェーデンに来られる際はお気をつけ下さい。

 

kon-51.hatenablog.com

 

真相を報道しない日本のメディア

このベルギーでのスウェーデン人殺害のテロは日本のメディアでも報じられています。

 

しかし、日本のメディアは、なぜかスウェーデンで現在、コーラン焼却が多発し、イスラム国家に敵対視されている背景や、このテロがスウェーデン人を標的にしたものと報じていません。

 

このことは、スウェーデンにいれば誰でも知る真実であり、隠されていることでも全くありません     しかし、日本のメディアはなぜかスウェーデンのマイナスイメージになる報道は全くというほどしません。

 

反対に、下記の記事を読んだ日本人は、イスラム教徒が一方的に悪いという印象を受けるのではないでしょうか?

 

下記、TBSの記事を抜粋します。

ベルギーの首都・ブリュッセルで2人が銃撃を受け死亡する事件がありました。実行犯と称する人物は、SNS上で過激派組織「イスラム国」に影響を受けたと主張しているということです。 

 

ベルギー政府によりますと、16日、ブリュッセル中心部で銃撃事件が起き、スウェーデン人2人が死亡しました。 

 

現地メディアなどは、スクーターに乗った容疑者が路上や建物内で発砲し、逃走したとしています。 

 

実行犯と称する人物はSNS上で自らを過激派組織「イスラム国」に影響を受けたと主張したほか、事件当時、犯人が「神は偉大なり」と叫んだとの目撃情報があるということで、現地当局はテロ警戒レベルを最高に引き上げました。 

 

newsdig.tbs.co.jp

 

ジャニーズの性被害では、長年にわたり日本メディアにとって、ジャニーズの問題を取り上げることはタブーとされてきたことが発覚しました。

 

日本のメディアでは、なぜ現在スウェーデンで起きる事実を正確に報道しないのでしょうか?