新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「テロ脅威 5段階中"4"へ引き上げ(在スウェーデン日本国大使館より)」

https://www.aljazeera.com/wp-content/uploads/2023/08/AP23226369933686-1692268151.jpg?resize=770%2C513&quality=80

スウェーデン「テロ脅威 5段階中"4"へ引き上げ(在スウェーデン日本国大使館より)」

8月17日、在スウェーデン日本国大使館から、スウェーデンにおけるテロ脅威が5段階中、3から4に引き上げられ、テロの高い脅威があると注意勧告が出されましたので、下記に抜粋します。

 

●8月17日、スウェーデン政府はスウェーデンにおけるテロ脅威レベルを5段階中の3段階目(増大した脅威)からから4段階目(高い脅威)に引き上げました。これは、テロ攻撃の意図と能力を有した活動家が攻撃を実行に移すことについて「高い脅威」があることを意味します。
●テロ事件や不測の事態に巻き込まれないよう、当面の間、治安や安全対策に関する情報収集に努めつつ、身の回りの安全に一層の注意を払ってください。
ストックホルムにおいては、8月20日(日)までの間、市内各所で文化イベントが開催され、混雑が見込まれますので、注意してください。

1 8月17日、スウェーデン政府はスウェーデンにおけるテロ脅威レベルを5段階中の3段階目(増大した脅威)からから4段階目(高い脅威)に引き上げました。これは、テロ攻撃の意図と能力を有した活動家が攻撃を実行に移すことについて「高い脅威」があることを意味します。

2 本年1月以降、スウェーデン国内において、イスラム教の聖典コーラン)の写本を焼却するなど行為を含む集会が複数回行われ、イスラム教徒の多い国々を中心に反発・抗議が拡大するとともに、スウェーデンに対するイスラム過激派の関心が一層高まり、治安情勢が悪化したことを受けてのものです。

3 上記を踏まえ、スウェーデン渡航中・渡航予定の方や在留邦人の皆様におかれましては、当面の間、テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう、報道等を通じた最新の治安情報の収集に努めてください。特に、テロの標的となりやすい場所(政府(特に軍、警察、治安関係施設)・外交団施設、公共交通機関、観光施設、デパートや市場、宗教施設など不特定多数が集まる場所)を訪れる際には、周囲の状況に一層の注意を払い、不審な状況を察知したら速やかにその場を離れるなど、安全の確保に一層努めてください。

4 ストックホルムにおいては、8月16日(水)から20日(日)までの間、カルチャー・フェスティバル(Kulture Festivalen)が開催されており、市内各所で文化イベントが行われています。会場が設置されているグスタフ・アドルフス・トーリ、ノルブロー、シェップスブロン、セルゲル・トーリ、カールXII・トーリはいずれ市内中心部にあり、多くの人で混雑が見込まれますので、注意してください。

(会場エリア)
https://kulturfestivalen.stockholm.se/areas/

5 万が一不測の事態に巻き込まれた場合の対応として、以下の点を参考にしてください。
(1)基本対応
ア 爆発、銃撃の音を聞いたら、その場に伏せるなど直ちに低い姿勢をとり、頑丈なものの陰に隠れる。
イ 周囲を確認し、可能であれば、銃撃音等から離れるよう、速やかに、低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。閉鎖空間の場合、出入口に殺到すると将棋倒しなどの二次的な被害に遭うこともあり、注意が必要。
ウ 爆発は複数回発生する可能性があるため、爆発後に様子を見に行かない。

www.svt.se

 

リンク