新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「再びのコーラン焼却、女性が消火器で阻止試み」

https://svd.vgc.no/v2/images/76bc25d4-1733-414c-a62f-2125945cb57d?fit=crop&h=551&q=80&upscale=true&w=980&s=bdad585ee3b6ba23184f58ca6308176367988063

スウェーデン「再びのコーラン焼却、女性が消火器で阻止試み」

8月18日、ストックホルムのイラン大使館前で再びコーラン焼却が行われました。

ただ、スウェーデン共テレビSVTによると、コーラン焼却中に女性が消火器を持って阻止をしようと試み、警察により取り押さえられたと報じています。

 

下記にSVTの記事を抜粋します。

 

ストックホルムでのコーラン焼却事件で、女性が消火器を持って駆け寄る様子があります。

 

金曜日、サルワン・モミカはストックホルムで再びコーランを焼却しました。その際、女性が消火器を持って駆け寄り、彼を止めようとしました。

女性は警察によって拘束され、公共の手続きの妨害と公務員への暴行の容疑で起訴されています。

 

木曜日、スウェーデンの治安警察(Säkerhetspolisen)は、脅威度を3から5段階評価で4に引き上げました。Säpoによれば、過去1年間のコーラン焼却事件の影響で、スウェーデンへのテロ攻撃のリスクが高まったためです。

 

イラン大使館の外で


金曜日、スウェーデンで数々のコーラン焼却事件の背後にあるサルワン・モミカは、リディンゲ(Lidingö)のイラン大使館で許可を得て再びコーラン焼却を行いました。

 

これに関連して、女性が消火器を持って駆け寄り、炎の近くに何らかの粉末または泡を散布しました。警察は女性を止め、現場から連れ去りました。

 

警察の広報担当者であるトウェ・ヘッグはTTに対して、「彼女は公共の秩序を乱した。彼女は公共の秩序を乱さなくなるまで拘束され、その後、罪状の聴取が行われるでしょう」と述べました。

 

公共の手続きの妨害
女性は現在、公共の手続きの妨害の容疑で起訴されています。また、公務員への暴行の容疑もかけられています。

事件に関連して、人々は傷ついていませんが、消火器の粉末にさらされた警察官は、現場で医療スタッフによって検査されました。警察は自身のウェブサイトで報告しています。

また、人種差別的な発言に関する調査も開始される予定です。警察は、公共の集会でこれが行われていると認識しています。」

 

www.svt.se