新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「注意喚起:(8月14日)ストックホルム市(ガムラスタン)におけるコーラン焼却集会の予定(在スウェーデン日本国大使館より)」

https://static.euronews.com/articles/stories/07/79/99/10/773x435_cmsv2_0cb37963-5eb1-5d29-9f8e-3e34374ea78a-7799910.jpg

スウェーデン「注意喚起:(8月14日)ストックホルム市(ガムラスタン)におけるコーラン焼却集会の予定(在スウェーデン日本国大使館より)」

8月11日に在スウェーデン日本国大使館から、ストックホルム市中心部ガムラスタンのミントトリエットで再び、8月14日にコーラン焼却集会が行われる予定があるため、注意喚起が出されています。

 

下記に在スウェーデン日本国大使館の記事を抜粋します。

 

●6月28日(水)にストックホルム市内でコーラン焼却集会が行われて以降、国内外で様々な非難や抗議が発生しています。
●報道によれば、8月14日(月)13時から15時までの間に、ストックホルム市中心部ガムラスタンのミントトリエット(Mynttorget)において、これまでもコーラン焼却集会に参加していた者を申請者とする集会が許可されています。
●ガムラスタンを含む観光地には多くの人が集まりますので、テロを含む不測の事態を含めて、引き続き安全に注意を払ってください。

1 6月28日(水)にストックホルム市内でコーラン焼却集会が行われて以降、国内外において、スウェーデンに対する様々な非難や抗議の動きがあります。

2 報道によれば、8月14日(月)13時から15時までの間に、ストックホルム市の旧市街(ガムラスタン)から国会議事堂につながるミントトリエット(Mynttorget)において集会が許可されています。
 申請者は、これまでも複数のコーラン焼却集会に参加していた者で、7月31日(月)にも同じ場所でコーラン焼却を含む集会が行われています。

(Mynttorget)
https://goo.gl/maps/3D3KpDXGPT7n4APZ7

3 ガムラスタンを含む観光地においては、スウェーデン国内外から、多くの人が集まっています。また、なじみのない場所に出かけたり、人が多く集まるイベントに参加したりする機会等も増えています。

4 観光施設やその周辺、イベント会場、レストラン、ホテル、ショッピングモール、スーパーマーケット、ナイトクラブ、映画館、公共交通機関等人が多く集まる施設、教会、モスク、シナゴーグなどの宗教関係施設、政府関連施設(特に軍、警察、治安関係施設)などはテロの標的になりやすい場所とされています。今後もテロを含む不測の事態が起こる可能性は排除できませんので、引き続き治安や安全対策に関する情報収集に努めつつ、身の回りの安全に十分注意を払ってください。