新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「イギリス外務省: スウェーデンでのテロ警告、コーラン焼却」

https://thewhistler.ng/wp-content/uploads/2023/07/Quran-Sweden-1.jpg

スウェーデン「イギリス外務省: スウェーデンでのテロ警告、コーラン焼却」

 

8月13日のロイター通信によれば、イギリス政府スウェーデンでの度重なるコーラン焼却を受けテロの発生を警告していると報じています。

 

このイギリス政府が出したスウェーデンにおけるテロ警戒は、スウェーデン共テレビSVTでもメインニュースとして取り上げられています。

 

スウェーデングンナー・ストローマー法務大臣は、このイギリス政府が出したテロ警戒はスウェーデン当局の意見と一致していると述べています。

下記は8月13日のSVT記事より抜粋。

テロの脅威レベルは変わらない

しかし、サポの5段階のテロ脅威レベルは依然として3番目の高いレベルにある。グンナー・ストレンマー氏によれば、レベルを再評価すべきかどうかは彼ら次第だという。

 

- これは、Säpo、軍諜報機関、防衛無線局およびその他の情報提供と協力して作成された情報に基づいて治安警察が行う評価です。治安警察署長は夏に、「3番目の枠組みの中で我々は4番目に近づいたが、私が言ったように、これは戦略的かつ長期的な措置であり、実際には個別の出来事に対応すべきではない」と述べた。彼は言い​​ます。

 

www.svt.se

 

またアメリカ政府、日本の外務省スウェーデンでのテロに対する注意勧告を出していますので、繁華街などへ行く際は、ご注意下さい。

 

kon-51.hatenablog.com

 

下記に8月13日のロイター通信の記事を抜粋します。

 

イギリスが警告する:スウェーデンでのテロ攻撃の可能性

ロンドン、8月13日(ロイター通信)- イギリスは日曜日、反イスラム活動家によるコーラン焼却がムスリムを怒らせたことに続く、スウェーデンへの市民の渡航に関して、可能性のあるテロ攻撃に警告しました。

 

更新された渡航勧告では、イギリスの外務省は、スウェーデン当局がいくつかの計画された攻撃を阻止し、逮捕を行ったと述べました。

 

「この時期には警戒すべきです」と述べ、「テロリストはスウェーデンで攻撃を実行しようとする可能性が非常に高い」と付け加え、外国人が訪れる場所が潜在的な標的となる可能性があると警告しました。

 

イギリスの変更された渡航勧告を認める声明で、スウェーデンの国家安全保障アドバイザーであるヘンリック・ランダーホルム氏は、焼却以降、スウェーデンへの増加した脅威を再確認しました。

 

ランダーホルム氏は、7月19日のイラクでのスウェーデン大使館への襲撃、8月9日のレバノンでの同大使館への襲撃未遂、およびトルコのスウェーデン領事館での従業員射殺事件(8月1日)が、リスク評価に影響を与えたと述べました。

スウェーデンではコーラン焼却が表現の自由の規則の下で許可されていますが、ムスリムは彼らの聖典が焼かれることを冒涜と見なしています。

 

アメリカ政府も、渡航勧告でスウェーデンでの可能性のあるテロ攻撃に警告しています。