「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「ウクライナにスウェーデンの提供戦車が登場」

https://images.forbesjapan.com/media/article/64625/images/main_image_271ff76e2779e13aac010b8ea29c5c3b08b3bc07.jpg?w=800

 スウェーデンウクライナスウェーデンの提供戦車が登場」

アメリカ雑誌フォーブスによれば、ウクライナの戦地にスウェーデンが提供した戦車が登場したと報道しています。

 

下記にフォーブスの記事を抜粋します。

 

スウェーデンからウクライナに供与された戦車がついにお目見えした。場所は不明だが、ドイツの戦車「レオパルト2A5」をベースにした「ストリッツヴァグン(Strv)122」少なくとも6両が、12日にネット上に出回った動画内で確認された。

 

乗員4名、重量62トンのStrv122は、タングステンやセラミックを使った装甲に120ミリ滑腔砲、ハイテク射撃統制を備える。いつウクライナの戦場に現れるか軍事ウォッチャーたちが注目するなか、赤外線やレーダーで検知されにくくする迷彩ネットをまとった姿でようやく登場した。

 

今週、北大西洋条約機構(NATO)加盟のめどが立ったスウェーデンは1月から2月にかけて、主力戦車であるStrv122を10両のほか、強力な40ミリ機関砲を搭載した歩兵戦闘車CV90」50両、155ミリ「アーチャー自走榴弾砲」8両などをウクライナに供与すると発表していた。これらを含め、スウェーデンによるウクライナへの軍事支援の総額は15億ドル(約2100億円)ほどにのぼる。

 

スウェーデンから引き渡された車両は、ウクライナ陸軍で新たに編成された第21機械化旅団の戦車中隊、機械化大隊、砲兵隊に配備されたもようだ。もちろん、よほど規模の小さい旅団でないかぎり、ほかの車両も多数保有しているだろう。

 

第21機械化旅団は今春、スウェーデンで訓練を受けていた。その後、ウクライナ軍が6月4日に満を持して南部と東部で始めた反転攻勢の直前、もしくはそれと同じごろにウクライナに再配置された。

 

反抗開始から7週目に入るなか、ウクライナ軍の各旅団は、ヘルソン市の南、ザポリージャ州ロボチネ方面、ドネツク州のモクリ・ヤリー川沿い、ドンバス地方のバフムトの南など、いくつかの攻撃軸に沿って数キロメートル前進している。

 

奇妙なのは、ウクライナ軍の保有車両としては最高の部類に入るStrv122などを擁する第21機械化旅団が、どうやらこれらの主要な攻撃軸には投入されていないという点だ。この旅団は、ロシア軍が占拠する東部ルハンスク州クレミンナの西に位置す主要な接触線に向けて、じわじわと進んでいる

 

これまで、第21機械化旅団によるドローン攻撃や砲撃の様子の動画をいくつか見てきたし、CV90がクレミンナ郊外の原野や森を移動したり、砲撃を受けたりする動画も見てきた。Strv122はその近くにいて、CV90とともに陣地を取りにいっていたに違いない。

 

ウクライナ軍がどういう作戦計画を立てているのかは、政府中枢部や第21機械化旅団の司令部以外、誰も正確にはわからない。ウクライナ参謀本部は、第21機械化旅団によってロシア軍の連隊や旅団をクレミンナ周辺に張り付かせておく狙いなのかもしれない。そうすれば、これらの部隊は南下して、ウクライナ軍が攻撃している防御区域の増援に向かえなくなる。

 

あるいは、第21機械化旅団にこの方面を攻撃させるなどして、ロシア軍をクレミンナから引き剥がすつもりなのかもしれない。そうして、ウクライナ軍の反転攻勢の新たな攻撃軸を北東部につくり出そうと考えている可能性もある。

 

いずれにせよStrv122は、ロシアのウクライナ全面侵攻が始まってから1年5カ月間、各戦車がしてきたのと同様の働きをしているはずだ。今日、戦車同士の戦闘はめったにない。戦車はむしろ、歩兵戦闘車とともに進み、砲撃によって敵の防備を崩して歩兵戦闘車が前進できるようにする役回りになることが多い。

 

この点で、戦車の乗員が直面する最大の危険は、埋設された対戦車地雷「TM-62」になる。西側諸国はこれまでに、ウクライナレオパルト2とStrv122を合計で少なくとも71両引き渡し、うち3両が撃破され、5両が損傷している。大半が地雷によるものだ。

 

もっとも、Strv122に損害が出始めても動揺すべきではない。さらに言えば、第21機械化旅団がスウェーデンから供与された戦車を使い果たして、別の戦車で置き換えなければならなくなったとしても驚くべきではない。

 

なぜなら、2002年までに生産されたStrv122は120両にとどまり、スウェーデンはうち10両をすでに手放しているからだ。スウェーデン陸軍には11個の戦車中隊があり、それぞれ戦車10両が配備されている。つまり、既存の部隊を解散しないかぎり、これ以上Strv 122を提供する余裕はないということだ。

 

www.forbes.com