新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「NATOの9万人の大規模演習に参加」

https://www.svtstatic.se/image-news/600/square/0.47/0.34/e96b04327b10f05c9eb0ca6916be7493d2d07a224bdb599ff4b20109a1be406c

スウェーデンNATOの9万人の大規模演習に参加」

1月19日のスウェーデン共テレビSVTによれば、春に行われるNATO 軍9万人の大規模演習に、NATO 加盟候補国として参加すると報じています。

 

下記にSVT の記事を抜粋します。

NATOは春に冷戦以来最大の演習を行っています。

 

SVTは、スウェーデンにとってこの演習がまたもや鋭敏な作戦を意味することを報告しています。何千人ものアメリカ兵がスウェーデンを経由してフィンランドに輸送されるときです。

 

「これは私たちが扱う必要があるシナリオです」と、国防軍の作戦チーフ、カール=ヨハン・エドストロームは述べています。

演習シリーズSteadfast Defenderは9万人の兵士を動員し、冷戦以来初めてNATOのロシアに対する防衛計画の大規模演習です。

 

「演習のシナリオは、北部スカンディナビアで直接の戦闘行動が行われるというエスカレーションが起きることに基づいています」と、カール=ヨハン・エドストロームは言います。

 

何千人もの兵士
ある演習の一部では、ロシアがフィンランドに攻撃を開始し、これによりNATOは集団防衛に関する第5条を発動しました。このシナリオに関連して、何千人ものアメリカ兵がノルウェーからスウェーデン経由でフィンランドに移動します。

 

「これはある程度鋭敏な瞬間であり、これを少し大規模に行うのは初めてです。私たちにとって、集団防衛の演習に参加できる機会は非常に良いことです」と、カール=ヨハン・エドストロームは述べています。

 

目立つ動き
部隊の移動は、外部からの支援を受け入れることを意味する「ホスト国支援」という練習であり、実際には、北スウェーデンの関連地域の市民社会で目立つことになります。この部分は「Immediate Response」と呼ばれ、3月から4月にかけて行われます。

 

「数的には旅団規模で、数千人です。そして非常に多くの車両があります。大きな課題は、地上での移動が安全に行われること、道路が全て塞がれないことを確保することです。また、食料、燃料、休息を取る場所の確保も重要です」と彼は述べています。

 

このような大規模な演習が地域の紛争レベルを高めるリスクはありますか?

 

「いいえ、ありません。現在の安全保障政治状況、特にウクライナでのロシアの行動、さらには周辺地域での動きを考えると、NATOの地域計画や集団防衛の練習、抑止効果のあるこのような活動を行うことが非常に重要です」と彼は述べています。

 

FACTS STEADFAST DEFENDER
Steafast Defenderは、2024年冬から春にかけて行われる演習シリーズで、NATOの新しい地域防衛計画が初めて演習されます。NATO加盟国とスウェーデンから合計9万人が参加します。

 

演習シリーズの前半はノルドカロッテンで行われ、ノルウェーでの「Nordic Response」という大規模演習にスウェーデンも4,500人を派遣して参加します。Nordic Responseの直後に、ノルウェーからフィンランドへの、スウェーデンを経由する部隊の移動が行われます。これは「Immediate Response」と呼ばれています。

 

演習シリーズSteadfast Defenderの後半は主に中央ヨーロッパで行われます。

 

www.svt.se