新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

秘密のフォーラムへのアクセス開放!スウェーデン潜水艦のNATO加盟

https://static.cdn-expressen.se/images/fc/dc/fcdc97aa232b4810a3b70579132e828e/16x9/838@40.jpg

秘密のフォーラムへのアクセス開放!スウェーデン潜水艦のNATO加盟

1月25日のスウェーデン共テレビSVTによれば、スウェーデンNATO に加盟することにより、スウェーデンの潜水艦が利用できるようになり、NATO の作戦が向上すると報じられていますの。

 

下記に詳細を抜粋します。

スウェーデンNATOの正会員になると、スウェーデンの潜水艦はNATOの潜水艦組織に組み込まれます。これにより、これまでスウェーデンが門外不出にしていた秘密のフォーラムへのアクセスが開かれます。

 

NATO潜水艦指導者のThomas Wallは、「スウェーデンの加盟は運用能力を向上させるものであり」と述べています。

 

現在NATOには13か国が潜水艦を保有しており、スウェーデンが加わることで14か国となり、数や参加国の増加だけでなく、運用の柔軟性も向上すると説明しています。

 

スウェーデンは以前からNATOと協力しており、加盟により協力がさらに拡大することが期待されています。具体的には、BalticとNorth Seaの重要なインフラの保護に焦点を当てる見込みで、NATOにおいて新たな機会が開かれるとされています。さらに、NATOに加盟することで、スウェーデンは防衛計画と運用に関するフォーラムにアクセスし、これまで閉ざされていた情報にもアクセスできるようになります。

 

これにより、スウェーデンは以前は把握できなかった潜水艦活動やNATOの潜水艦作戦に関する情報にアクセスできるようになります。NATOにおけるスウェーデンの潜水艦能力を組み入れる計画も進められるでしょう。

 

Thomas Wallは、スウェーデンNATO加盟により、他国との連携が一段と強化され、特にイギリスのNorthwood基地におけるスウェーデンの準備作業が進行中であることを指摘しています。彼は、将来の共同演習やより攻撃的な形での協力についてスウェーデンの潜水艦部門のリーダーと既に協議していると述べています。

 

この協力の焦点は、バルト海および北海の重要なインフラの保護に向けられる見込みであり、水中のインフラに関する懸念が各国で共有され、NATOにとっても興味深いものとなっています。

 

最終的に、Paula Wallenburg(第一潜水艦戦隊の長)によれば、スウェーデンNATO加盟は、防衛計画や運用に関する以前は閉ざされていたフォーラムへのアクセスを提供し、スウェーデンの潜水艦能力をNATOの計画に組み入れる必要性が残ると述べています。

 

www.svt.se