新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

ハンガリー「スウェーデンのNATO 加盟は優先事項ではないと発言」

https://gdb.voanews.com/09680000-0a00-0242-dcd5-08da766aabde_w408_r1_s.jpg

スウェーデンNATO 加盟は優先事項ではないと発言」

 

1月18日のロイター通信によると、トルコと同様にスウェーデンNATO 加盟を承認していないハンガリーが、スウェーデンNATO 加盟は優先事項ではないと述べていると報じています。

 

下記にその記事を抜粋します。

BUDAPEST, 1月18日(ロイター)- ハンガリー首相補佐官は木曜日に、スウェーデンNATO加盟への適性を高めるために何もしておらず、同盟への加入が国の優先事項ではないという印象を与えていると述べた。

 

スウェーデンは2022年5月、ロシアのウクライナ侵攻を受けて北大西洋条約機構NATO)への加入を申請したが、既存のメンバー全員の承認が必要な加盟プロセスは、トルコとハンガリーによって停滞している。

 

批准はハンガリー議会で1年以上足止めされており、ビクトル・オルバン首相率いる国民主義者は、スウェーデンの安全保障に脅威がないと述べ、ハンガリーでの民主主義の後退を不当に非難していると彼らが主張するスウェーデンの言動を引用している。

 

オルバン首相の官房長ゲルゲリ・グリヤーシュはブリーフィングで、「スウェーデンは、我々の関係が同盟国および友人となるための信頼を強化するための一歩を踏み出していない」と述べた。

 

「現在の関係は法的には同盟国だが、友好的とは考えられず、したがって、今日のスウェーデンにとってNATOへの迅速な加盟は優先事項ではないと結論づける必要がある」と彼は述べた。

 

スウェーデン外務省は、電子メールでのコメント依頼に対して直ちには返答していない。

グリヤーシュは、スウェーデンの外相または首相が「連絡を取り、ハンガリー議会がスウェーデンNATO加盟に対して持っている懸念は何かを尋ねるべきだ」と提案した。

 

記者の質問に答えて、彼はハンガリースウェーデンNATO加盟の批准を最後に行うことを避けたいと思っているが、「スウェーデンの助けがなければ、それを実現することはおそらくできないだろう。スウェーデンにとって重要でないことが、なぜ私にとって重要であるべきか?」と述べた。

 

オルバン政権は、ロシアのウクライナ侵攻にもかかわらず、モスクワとの暖かい関係を維持しており、北欧諸国の入札を最後に批准しないことを繰り返し約束している。

現在冬休み中のハンガリー議会は、2月中旬頃に業務を再開する予定である。

 

トルコ議会の一般会議では、来週、スウェーデンNATO加盟案が議論される可能性があると、与党AK党の議会グループ議長は先週述べていた。

 

https://www.reuters.com/world/europe/nato-accession-looks-be-not-priority-sweden-hungary-says-2024-01-18/

 

www.svt.se