新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

ストックホルム「14歳15歳の少女、手榴弾をカバンに入れショッピングし逮捕」

https://as1.ftcdn.net/v2/jpg/03/06/75/46/1000_F_306754696_PNcMTJeIN5hsityM0wNBwYz9NTMLYzun.jpg

ストックホルム「14歳15歳の少女、手榴弾をカバンに入れショッピングし逮捕」

2月11日のスウェーデンの新聞「アフトンブラデット」によれば、ストックホルムで、ショッピングバックの中に、手榴弾を6個いれながら、地下鉄やショッピング、カフェにでかけている14歳と15歳の少女2人が、母親の通報で警察により確保されました。

 

この少女2人は犯罪グループと関わりがあり、15才の少女は最近、可燃性爆発物に関する法律の特に重大な違反により、8か月の青少年保護施設閉鎖の判決を受けたばかりでした。

 

下記に記事の詳細を記します。

14 歳と 15 歳の 2 人の少女は、ノーマル ストア チェーンのターコイズ ブルーのバッグを持ってストックホルム中心部を歩き回っています。

彼らは買い物に出かけている二人の友人のように見えます。

しかし、彼らがバッグの中に入れているのは化粧品ではありません。彼らは6つの鋭い手榴弾を携行しています。

 

警察は監視カメラの画像を通じて、2人の少女の旅の地図を作成した。

- 監視映像では、彼らが町を歩き回り、コーヒーを飲みに行ったり、地下鉄に乗ったりしているのが確認できる、と検事ジョナス・ニグレン氏はポッドキャストアフトンブラデット・クリム」で語った。

 

昨年8月12日土曜日の午後3時前、15歳の少女がストックホルム北のSLバスに乗り込んだ。彼女は手榴弾の入ったノーマルケースを持ち歩いています。

キスタモール、彼女は14歳の友人に会いました。女の子たちは一緒にショッピングモールに行きます。 15歳の少年は手榴弾の入ったバッグを運んでいる。

 

5時半に女の子たちは地下鉄に行きます。ホームにはたくさんの人がいて、その中には数人の小さな子供たちが女の子たちの近くに立っていました。

彼らは地下鉄に乗ってハズビーに行きます。 15歳の少年は手榴弾の入ったバッグを運んでいる。彼らは人の流れに従ってエスカレーターを上っていきます。周りにはベビーカーを含むたくさんの人がいます。

女の子たちはハズビーの周りを歩き回ります。彼らはイカの前を通り過ぎてからしばらく座ります。彼らはエナジードリンクを飲み、女の子の一人はタバコを吸います。

 

5時過ぎに彼らは地下鉄に戻ります。午後5時40分に彼らがTセントラルで降りると、ホームは人でいっぱいだった。

 

少女たちはセルゲル広場に向かって出て、ドロットニングガータンの人波の中をガムラスタンに向かって進んでいきます。

 

しばらく街中をあてもなく移動するようだ。午後 6 時に、彼らはバサガタ 1 のエスプレッソ ハウスで座ってコーヒーを飲みます

14歳の少年はカフェで写真を何枚も撮った。警察は、ほぼすべての写真にノーマルバッグが映っていることから、彼女がノーマルバッグを見せびらかしたいという意味だと解釈している。

 

18時28分に少女たちはTセンターに戻り、今度は14歳がバッグを運ぶ。

キスタで彼女は去ります。今、彼女は一人でバッグを運んでいます。その後、彼女は T センターに戻ります。

 

19時16分に14歳の少年がTセンターにやって来る。それからバスと通勤電車を乗り継いで帰宅します。

翌日、母親は14歳の娘のベッドサイドテーブルから6発の実弾手榴弾を発見した。ショックを受けた母親は警察に通報する。

 

女児のうち年長の15歳は最近、可燃性爆発物に関する法律の特に重大な違反により、8か月の青少年保護施設閉鎖の判決を受けた。

14歳は判決を下すには若すぎる。

ジョナス・ニグレン検事はポッドキャストのアフトンブレード・クリムに対し、手榴弾の扱いは少女たちが犯罪グループの代理として行動したことを示していると語った。しかし、調査では誰がその背後にいたのかを明らかにすることはできていない。

 

www.aftonbladet.se