「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「1ヵ月間で爆弾事件(12件),銃撃事件(16件):昨今毎日起きるストックホルムでの凶悪事件」

https://www.svtstatic.se/image/wide/992/38074419/1674497218?format=auto

スウェーデン「1ヵ月間で爆弾事件(12件),銃撃事件(16件):昨今毎日起きるストックホルムでの凶悪犯罪」

2022年12月下旬から2023年1月に入り、スウェーデンの首都ストックホルムでは、ほぼ毎日のように爆弾事件や銃撃事件が発生しています。

多くの爆弾事件や銃撃事件は、ギャング同士の抗争によるものですが、昨年にも増し事件数は急増しています。

これに加え、スウェーデンデンマークの政治活動かが、トルコ大使館前でコーランを燃やしたことを受け、過激なデモも増えており、在スウェーデン日本国大使館は、スウェーデンに住む邦人に今月に入り4回の注意勧告をだしています。

 

下記はスウェーデン共テレビSVTが2022年12月下旬から2023年1月29日の1ヶ月間に起きたストックホルムのみでの爆弾事件銃撃事件をまとめた記事です。

 

ストックホルムのみでの1ヶ月間に起きた(下記記事統計より)

爆弾事件数: 12件

銃撃事件数:16件

 

1 か月以上にわたり、ストックホルム周辺で深刻な暴力行為がいくつか発生しており、警察がその関連性を調査しています。

 犯罪のいくつかは、ライバルのギャング間の対立の結果であり、エスカレートした暴力のスパイラルの出発点は、クリスマスの日にリンケビーで 27 歳の男性が殺害されたことでした。

 

 • 1 月 29 日: ストックホルムの北西で 2 回の爆発が発生。 けが人はいません。

 • 1 月 28 日: ストックホルムの南、フッディンゲにあるスコーガ中心部のレストランの隣で、10 代の若者が銃撃を受けて死亡。  SVTの情報によると、被害者は15歳。

 • 1 月 27 日: 夜、ストックホルム北部のアカラにあるアパートで爆発が発生。 爆発によるけが人はおらず、逮捕者も出ていません。

 • 1 月 26 日 Botkyrka: Botkyrka の工業地帯で激しい爆発があった。 爆発に関連してけがをした人はいないと言われています。

 • 1 月 25 日 セーデルテリエ: セーデルテリエのアパートのドアが発砲されたと、警察はウェブサイトに書いています。 けがをした人はいないという。

 • 1 月 21 日 ダレン: ストックホルム南部のダレンで銃撃。  TV4 と Aftonbladet への報告によると、人が撃たれました。 事件の直後、E4 の車内で 3 人 (若い男性と 18 歳未満の少年 2 人) が逮捕されました。

 • 1 月 20 日 Solna: Solna の Huvudsta センターで男性が射殺される。 同じ夜、フルエンゲンのアパートのドアとトゥンバの別荘のドアでも2発の銃撃があった.

スカルプナックのアパートでも爆発が発生。 カーチェイスに関連して、ガルマースプランのラウンドアバウトにも車が衝突し、警察は車内で武器を発見し、3 人を逮捕しました。

 • 1 月 20 日 Farsta: ストックホルムの南にある Farsta 地区の集合住宅での銃撃。

 • 1 月 19 日、Årsta: Årsta の集合住宅の吹き抜けで爆発。  SVT の情報によると、爆発したのはおそらく手榴弾です。

 • 1 月 19 日 Farsta と Husby: ストックホルム南部の Farsta のアパートで銃撃。 ほぼ同時に、ハスビーのアパートでも銃撃がありました。 警察は、ストックホルムとウプサラでのいくつかの暴力行為を、2 人の主人公とそれぞれのネットワークの間で進行中の紛争に関連付けます。

• 1 月 18 日 Kista: ストックホルム北西部、Kista の中心近くにある会社の建物に接続されたゲートで発破。  1月21日、23歳の男が犯行の疑いで逮捕された。 犯行と同じ夜、男が意に反して連行される。 夜の間に、3 人の男が逮捕され、その男は無傷でヴァルバーグで発見されました。 男性は誘拐で拘留されています。

 • 1 月 17 日 セーデルマルム: レストランで強力な爆発が発生。 キスタでの爆発、セーデルマルムでの爆発、および以前の一連の銃撃事件は、スンズヴァルでの麻薬密売に関連する同じ紛争に属しています。 これは、SVT のいくつかの情報源によって述べられています。 警察は接続を確認したくありません。

 • 1 月 16 日 Solna: Solna の Hagalund で 20 代の男性が銃撃されているのが発見される。 警察によると、事件発生時、現場には数人がいたとみられる。

 • 1 月 14 日 マルスタ: マルスタ中心部のアパートのドアに銃弾の穴があったとの警報。

 • 1 月 12 日 Kallhäll: Järfälla の集合住宅のドアとファサードが数発の銃弾で撃たれる。 この事件に関連したけが人はいなかった。

 • 1 月 10 日 Kungsängen: 銃撃事件の後、Kungsängen 通勤電車の駅に警察が通報。

 • 1 月 5 日 Farsta: 木曜日の早朝、Farsta のアパートで爆発が発生。 この事件に関連したけが人はいなかった。

 • 1 月 4 日、Jordbo: Jordbro で 25 歳の男性が銃撃戦で射殺される。  40代の別の男性が撃たれた。

 • 1 月 2 日 バガルモッセンとグリムスタ: バガルモッセンのアパートの吹き抜けで爆発が発生。 同じ夜、グリムスタのアパートでも爆発がありました。 事件の容疑で5人が逮捕された。

 • 12 月 31 日 Vällingby: Vällingby での銃撃で 3 人が負傷。 その後、警察は、1人が怪我で死亡したと発表しました。 同じ夜、Rågsved のゲートで爆薬が爆発します。 この事件に関連したけが人はいなかった。 住所に書かれている人物は、2021 年に射殺された有名なラップ アーティスト Einár の誘拐に関与したとして有罪判決を受けています。 Rågsved での爆発。 彼は現在、公共破壊の疑いで推定原因で拘留されています。

 • 12 月 28 日 Farsta: Farsta の住宅で爆発。 警察の捜査資料によると、暴力団関係者とみられる20代の男性が住所を登録していた。  1月3日、警察は爆破容疑者を逮捕したと発表した。 同じ夜、ストックホルム南部のグッベンゲンの住所で銃撃事件が発生し、その夜遅く、同じ通りのアパートのドアで別の銃撃事件が発生しました。  14 歳と 15 歳の 2 人の少年が警察に逮捕されました。  14 歳の少年は後に釈放され、15 歳の少年は殺人未遂の疑いで拘留された。  1 月 12 日木曜日、別の 15 歳の少年が発砲後に拘留されました。

 • 12 月 27 日 Enskededalen: Enskededalen の吹き抜けで爆発が発生。  SVT Nyheter への情報によると、この住所に住んでいる男性はギャング犯罪にも関与しており、2021 年にラッパー Einár が殺害された事件の捜査に出頭したと言われています。

 • 12 月 25 日 Rinkeby: Rinkeby で 27 歳の男性が射殺される。 その男は、犯罪ネットワークとのつながりを持つギャング環境でよく知られていました。

https://www.svtstatic.se/image/wide/992/38285539/1674499309?format=auto

www.svt.se

 

kon-51.hatenablog.com