新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「ゼレンスキー大統領:戦闘機グリペンを要求、サーブ社株価高騰」

https://www.dagensps.se/_next/image/?url=https%3A%2F%2Fdagensps.fra1.cdn.digitaloceanspaces.com%2Fuploads%2F2023%2F02%2FGripen.jpg&w=1920&q=75

スウェーデン「ゼレンスキー大統領:戦闘機グリペンを要求、サーブ社株価高騰」

スウェーデンビジネス誌「ダーゲンPS」によれば、8月19日にウクライナのゼレンスキー大統領がスウェーデンを訪問した際に、スウェーデン政府にスウェーデンの戦闘機JAS 39 グリペンの提供要求をしました。
これにより、スウェーデンの軍事企業サーブ社の株価が株式市場で急騰していると報じています。

 

軍事企業サーブ社の株価上昇グラフ

スウェーデンの軍事企業サーブ社の8月19日以降の株価上昇

スウェーデンの軍事企業サーブ社の8月19日以降の株価上昇

 

 

2022年2月24日のウクライナ侵攻以降の軍事企業サーブ社の株価上昇

2022年2月24日のウクライナ侵攻以降の軍事企業サーブ社の株価上昇


ビジネスしダーゲンPSの記事

下記にビジネス誌「ダーゲンPS」の記事を抜粋します。

ウクライナの大統領ヴォロディミル・ゼレンスキーは、スウェーデンの戦闘機JAS 39 グリペンを求めて直接スウェーデンに訴えました。これにより、防衛企業Saabの株価が株式市場で急騰しています。

 

世界のあらゆる戦闘機の中で、ウクライナの大統領ヴォロディミル・ゼレンスキーが最も求めているのは、まさにスウェーデンのサーブ社のJAS 39 グリペンです。

 

しかし、スウェーデンの首相ウルフ・クリスターソン(M)は拒否しています。

「彼はすべてのことをもっと欲しがりたいと思っています。だからそのリストをかなりよく理解しています」と彼は述べています。これはブリュッセルでのEU首脳会議で述べたもので、ゼレンスキーも同会議に出席しています。

 

「私たち自身の飛行機が非常に必要です。非常に尖った航空戦力を持っていますが、大規模な航空戦力ではありません。それが最も重要な理由です。」とウルフ・クリスターソンは述べています。

 

彼は、スウェーデンNATOのメンバーシップに加盟を申請しているが、すべての加盟国からの承認をまだ得ていないため、緊張した安全保障状況を考慮しなければならないと述べています。

 

「誰もが、これは非常に難しいバランスですと理解しています。私は何も排除しませんが、今はその問題がスウェーデンにとって現在の問題ではないと思います。」とクリスターソンはJAS 39 グリペンのゼレンスキーからの要請について述べています。

 

Saabの株価が11%上昇

この飛行機が求められていることから、防衛企業サーブ社の株価が株式市場で急騰し、金曜日にはポジティブな四半期報告がありました。金曜日の取引でサーブ社の株価は11%上昇しました。

 

ウクライナがなぜグリペンの計画を求めているのか、それは単純に状況に最も適しているからです。これは12月にビジネスインサイダーが引用した複数の防衛専門家によるものです。

 

JAS 39 グリペンは「運用要件においては断然最も適切な候補」であり、英国の思想機関Royal United Services Instituteのジャスティン・ブロンク、ニック・レイノルズ、ジャック・ワトリングは述べています。

 

彼らは、JAS 39 グリペンが「最初からメンテナンスを容易にするために設計されており」、即席の飛行場で運用され、わずか6人の乗員によって給油と保守が行われ、そのうち1人だけが高度に訓練されている必要があると強調しています。

 

JAS 39 Gripenは少ないメンテナンスが必要

これは、たとえば米国の戦闘機と比較して、広範な地上支援装置が必要であり、それによってロシアによって観察され、攻撃される可能性があると報告書が述べていることと対照的です。

 

さらに、JAS 39 グリペンは競合他社よりもメンテナンスが安価で運用コストが低いとも指摘されており、多用途戦闘機としての特性が競合他社と比較して優れているともされています。

 

クレムリン: 「ウクライナ人は苦しむことになる」

報告書によると、ウルフ・クリスターソンが強調する欠点は、その飛行機が少なすぎるということです。World Air Forces 2023の指数によれば、スウェーデンには活動中のJAS 39 グリペンが94機あります。ブラジル、南アフリカ、タイ、チェコハンガリーグリペン計画を持っていますが、スウェーデンよりもはるかに少ないです。

 

クレムリンは、西側諸国がウクライナに戦闘機を送ると、ウクライナ人は苦しむだろうと述べています。スウェーデンは約100億クローナの防衛資材をウクライナに送っています

 

www.dagensps.se

 

kon-51.hatenablog.com