「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「軍事企業サーブ社、早期警戒管制機グローバルアイで韓国市場攻略、今年の受注残高は昨年の3倍」

https://freighter.flyteam.jp/newsphoto/39425/w1200.jpg

スウェーデン「軍事企業サーブ社、早期警戒管制機グローバルアイで韓国市場攻略、、今年の受注残高は昨年の3倍」

 

7月8日のヤフーニュースによりますと、スウェーデンの軍事企業サーブは、スウェーデンNATOの加盟手続きが進むなか売上額昨年の3倍の受注高に達していると報じられています。

 

スウェーデン北大西洋条約機構NATO)加盟手続きが進んでいる。208年間にわたり中立国の地位を維持してきたスウェーデンNATOに加入することで、約30加盟国を強力な顧客として確保することになった企業がある。スウェーデン軍需企業SAAB(サーブ)だ。SAABは昨年の売上高が391億5400万クローナ(約4兆8000億ウォン、約5030億円)にのぼる世界的な軍需企業であり、現在、昨年の売上高の3倍の受注残高を確保している。

 

SAABのカジム・レドゾビック監視偵察事業本部取締役は6日、中央日報のインタビューに応じ、「スウェーデンNATO加盟に見られるように、国家間パートナーシップの必要性と防衛産業の技術の重要性が高まっている」と強調した。続いて「SAABはNATO加盟国を対象に製品とソリューションの販売だけでなく、加盟国間の協力とパートナーシップの側面でより多くの機会を迎えるだろう」と予想した。

 

SAABは先月30日、スウェーデン防衛物資局と空中早期警戒管制機(AEW&C)「グローバルアイ」供給契約を締結した。韓国ではこの製品で、空中早期警報管制機4機を追加導入する空軍航空管制機2次事業に挑戦している。以下は一問一答。

--韓国は現在ボーイングのE-737を運用中だ。グローバルアイの強みは。

「グローバルアイは世界最多国(8カ国)で運用されている空中早期警報管制機だ。ステルス戦闘機など『第5世代脅威』まで探知できる。現在受注・生産している機種なら早期に引き渡すことができて費用も安い」

--韓国市場での戦略は。

「SAABは年間売上高の18%を研究開発(R&D)に投資する。グローバルアイも独自の技術で開発したメインレーダー指揮統制システム、電子戦支援システムなどを備えている。韓国がグローバルアイを導入すれば、SAABは韓国企業がグローバルアイを自主的に維持・保守してシステムを修正・アップグレードできるように支援する予定だ。韓国はこうした協力を通じて独自の生産能力を確保し、今後輸出まで可能だと考える」

--具体的な協業事例はあるのか。

「LIGネクスワンと協力生産した対砲兵探知レーダー『アーサー』が代表的な例だ。韓国が導入した全体注文量のうち40%はスウェーデンで生産したが、残りの(アーサーK)はLIGネクスワンで組み立てて生産した」

--韓国の防衛産業をどう評価するか。

「非常にレベルが高い。韓国自体が武器体系の重要な使用者であるため、防衛産業が発展する可能性が高い。また自国で戦闘機を生産できる国は多くない」

 

news.yahoo.co.jp

 

また4月22日のブルームバーグでもサーブ社はすでにいくつかの同盟国に製品を販売しており、NATOへの加入により、デリケートな地域における契約競争が容易になると記されています。

SAAB shares hits highest level sine 2018 earlier this month [source Bloomberg]

Saab CEO Says Swedish NATO Entry Would Open Door to Inner Circle

https://www.bloomberg.com/news/articles/2022-04-22/saab-ceo-says-swedish-nato-entry-would-open-door-to-inner-circle

www.businesslive.co.za