スウェーデン 福祉大国の深層 続報!

『スウェーデン 福祉大国の深層』を水曜社より商業出版(政府刊行物)して頂けました。読者の方からの要望を頂きスウェーデンの時事ニュースを主な内容とし、日本にも役立ち社会貢献にもつながるようなブログを記させて頂きます。

スウェーデン「記録的な電気料金価格: 1キロワット時あたり6.48クローナ(約80.63円)」

https://images.unsplash.com/photo-1454779132693-e5cd0a216ed3?ixlib=rb-1.2.1&ixid=MnwxMjA3fDB8MHxwaG90by1wYWdlfHx8fGVufDB8fHx8&auto=format&fit=crop&w=1171&q=80

記録的な電気料金価格: 1キロワット時あたり6.48クローナ(約80.63円)

12月6日のスウェーデン共テレビSVTによれば、スウェーデンでは過去最高の電気料金になることが予想されると報じられています。

 

記事によれば去年の夏から電気料金が上がり、冬が来た現在も電気料金が安くなることはほとんどありませんでした。

 

スウェーデン4つのエネルギー分野(水力発電風力発電原子力発電、火力発電)に分かれていますが、現在、スウェーデン南部の地域(風力発電の割合が大きい)で電気料金が変動しており、地域の人々に大きな打撃を与えていると報じています。

 

12月6日午後16時から17時の間に電気料金価格のピークが起こり、価格が1キロワット時あたり6.48クローナ(約80.63円)という記録的な高騰になったっと報じています。

 

www.svt.se

 

ただ平均価格は、1キロワット時あたり3クローナ(約37.33円)になるとのことです。

ただこうした今年の電気料金の高騰は例外的であると報じられています。

 

ちなみに平成26年4月に公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会が発表した新電力料金目安単価(税込)によれば日本の1キロワット時あたりの電気料金は27円/kWhとのことです。

 

今回のスウェーデンの電気価格高騰では、一時的でしたが日本の電離料金の3倍近くまでになったのでした。

 

平成26年4月に公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会が発表した新電力料金目安単価(税込)

https://www.eftc.or.jp/qa/qa_pdf.pdf