「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

トランプ大統領、コロナ規制をしないスウェーデンを非難

本日のスウェーデン感染者状況

本日におけるスウェーデンの感染者総数は8,419人、死亡者687人、100万人あたりでは834人になっています。 

日本の感染者数が4,667人、死亡者94人、100万人あたりでは37人ですので、スウェーデンは人口あたり22倍以上も日本よりコロナ感染が広がっていることになります。 

トランプ大統領、コロナ規制をしないスウェーデンを非難

スウェーデンはいまだ特にコロナ感染拡大防止の為に特に規制がだされていない、世界でも唯一ともよばれる国です。こうしたスウェーデンに対して、4月8日の新聞アフトンブロデットによれば、アメリカのトランプ大統領が会見の中で、スウェーデン政府のコロナ対策について非難している記事が報じられています。この会見でトランプ大統領は「今、人々はスウェーデンについて話している。ほとんどすべての国々が私たちアメリカと同じように行動をしているが、(していない)スウェーデンは深刻な苦しみを経験している」と語り、アメリカでは都市閉鎖という厳しい規制のコロナ戦略により、数十万の命が救われたと述べています。

アメリカの多くの州では厳しい制限が課せられ、市民は家にいるよう奨励されており、レストランや学校、ジムなども閉鎖されてます。


現在、スウェーデン政府や公衆衛生局は国民にアドバイス程度にあたる勧告をするのみであり、ローベン首相もコロナ拡散防止の責任は国民一人ひとりにあると発言をしています。そして小中学校や保育施設も開いたまま、レストラン、バー、フィットネスクラブもいまも普通に営業がされています。

スウェーデンのコロナ感染者数は増大しています。その感染者数は人口当たり日本の22倍、またコロナ拡大時初めには感染者が増大していた、イランをも超えている状況となっています。しかし政府は今も具体的なコロナ規制を設けてはいません。 

www.aftonbladet.se
このトランプ大統領によるスウェーデン批判に対して、スウェーデン公衆衛生庁の疫学者アンダーシュ・テグネル氏は、 

「はい、今、トランプ大統領の発言を真剣に受け止めるべきではない。 すべての国が多かれ少なかれ苦しんでいるのは事実だ。 もちろんスウェーデンでも、特に医療機関が非常に困難な状況だ。 しかし私の親戚がいるニューヨークの状況と比較すると、スウェーデンはまだ非常にうまく機能している」 

「ニューヨークの医療機関は非常に深刻な状況にある。私が理解しているように、アメリカにはすでに患者を収容する十分な設備と場所がないという状況だ」と発言しています。

 
またトランプ大統領は集団免疫についても言及しています。 

「集団、スウェーデンは集団と呼びます。スウェーデンは非常に苦しんでいる。集団免疫は1つの方法ではあるが、多くの国々はアメリカのように閉鎖対策を行っている。閉鎖を行わなければさらに数十万の命を失うことになる」とトランプ大統領は語り、集団免疫戦略が間違いで多くの人たちの死を招くと述べているのです。


このトランプ大統領の発言に対してスウェーデン公衆衛生庁のアンダーシュ・テグネル氏は、
感染症を研究する私たちは、この種の病気が全ての人々が免疫を獲得するまで拡大し続けることを知っている。そして感染を止める方法は他にはない」と集団免疫以外に方法はないから閉鎖しないと、公の場で発言しています。

 

ただ3月15日の公共テレビSVTによれば、テグネル氏がスウェーデンは集団免疫戦略をとっていないと発言しています。こうした過去の発言と現在の発言を時系列で比較すると、テグネル氏の発言には矛盾があるようにも感じます。

www.svt.se