「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「NATO加盟でヨーテボリ市セーベ空港の軍事基地再利用を検討中」

https://static.bonniernews.se/gcs/bilder/dn-mly/23aff15c-6cab-46a2-9cc0-9f86d3a9d423.jpeg?interpolation=lanczos-none&fit=around%7C960:540&crop=960:h;center,top&output-quality=60

スウェーデンNATO加盟でヨーテボリ市セーベ空港の軍事基地としての再利用検討中」

ヨーテボリ市の北には、現在、多くの子供たちで賑わう航空博物館があります。しかし、この航空博物館は冷戦時期の空軍基地であり、核爆弾にも耐えられるよう、地下の岩盤をくりぬき戦闘機が何十機もに収容できる格納庫を備える秘密基地でありました。

 

この過去の空軍秘密基地は今はあまり一般には使用されていない、セーベ空港に隣接しています。

 

しかし、5月3日のヨーテボリ新聞によれば、4月のNATO加盟を受けセーベ空港が再び軍事基地になる可能性が示唆されています。

 

下記にヨーテボリ新聞の記事を抜粋します。

 

2023年9月、マグヌス・ベルントソンとマグヌス・ヤコブソン(ともにKD)は、政府がヒシンゲンのセーヴェ空港を軍用空港に転用するための条件を調査するよう国民議会に動議を書いた。

 

 動議の背後にある理由の一つは安全保障政策の状況であり、もう一つはスウェーデンNATO加盟した場合にセーベが輸送用の離着陸帯としての機能を果たすことができると判断されたことである。

 

 動議は否決されたが、政府とニクラス・ウィクマン金融市場大臣(男性)は金曜日、ヨーテボリとセーヴェ空港を訪問した。

 

 その目的は、スウェーデンの防衛資産を管理する要塞庁と協力して、この地域のアイデア、そしてヒシンゲンの空港を取得してスウェーデンの防衛の一部に変える可能性についてのアイデアを生み出すことでした。

 

 - ここは防衛側が使用できる可能性のある場所であると、その後実施された空港エリアのツアーの前にニクラス・ウィクマン氏が説明した。

 

 同大臣は、現時点ではこの問題に関する決定や発表はできず、主にスウェーデン軍が評価する問題であると明言した。 セーヴェにはすでに射撃場があります

 

 フレドリック・ヘルリッツはエルブスボリの水陸両用連隊およびヨーテボリ駐屯地の隊長である。 彼は以前に自身の地域の拡大の必要性を認識しており、セーヴェがヨーテボリでの継続的な設立に最適な場所であると考えています。

 

 - 私たちは現在、政治レベルで私たちのニーズを提示している最中です。 そこからの決定の後、その施設がどのような形になるかを見ることになる、と彼は言う。

 

 すでに今日、スウェーデン軍はセーヴェに射撃場を開設しています。 エルブスボリの水陸両用連隊をセーヴェ空港近くの地域にさらに拡大すれば、いくつかの利点がもたらされるだろうと連隊長は信じている。

 

  それはまた、硬い表面、つまり追加の機能を確立できるアスファルトで舗装された空港に近いことも意味するだろうと彼は言う。

 

 フレドリック・ヘルリッツ氏は、セーヴェの地域はNATOの観点から見ても興味深いものであり、拡張によって軍は「今日は存在しないが、明日には起こるかもしれない」任務を解決する機会が増えるだろうと信じている。

 

 - このような開発では、北欧地域最大の港、川の両岸に軍事施設があり、空港自体がヘリコプターなどの基地として成長の機会を生み出しています。

 

 駐屯地司令官はまた、将来の決定の前に検討すべき望ましい側面として、海上救助、警察、救急車との当局間の連携も見ている。

 

 マリア・ブレッドバーグ・ペッターソンは要塞庁長官であり、セーヴェ訪問に同席した。 彼女が存在する理由は、可能性と起こり得る限界を自分の目で評価できるようになりたいという願望でした。

 

 - 現時点で必要なのは、このように大規模かつ重要なインフラ投資を港に行えるようにするために、しっかりした全体像と良好なガバナンスを得るということです。

 

 設立の可能性について決定を下す前に、多くの疑問を解決する必要があります。 金融市場大臣はそれについて明確にしておきたいと考えました。

 

 - スウェーデン軍がここでの拡張を選択した場合、常に一連の疑問、課題、問題に直面することになります。 ニクラス・ウィクマン氏は、地域への貢献と前向きな姿勢が、さらなる活動を可能にするための良い基本条件であると述べた。

 

 政府の決断が必要だ

 この訪問は、国民政府とその国防委員会のメンバーであるグスタフ・ゲスベリ氏(男性)とともに行われた。 同氏は、北欧地域最大のヨーテボリ港の重要性を強調した。

 

 - したがって、これほど長い間無防備だった港は適切な軍事的保護を受けることができるべきであることは言うまでもない、とグスタフ・ゲースベリは言う。

 

 彼が追加した:

 - そこで重要な役割を果たすのがセーベであり、ここヨーテボリの守備の継続的な発展のために彼を活用することを検討できるかもしれない。

 

 最終的には政府の判断が必要となる。 首相によると、いつそのような決定が下されるかを言うのは時期尚早である。

 

 ニクラス・ウィクマン氏はNATOCONTEXTの中で、最近ワシントンで米国の要塞局に相当する機関を訪問したことについて語った。

 

 - 高い防衛力を実現するには何が必要か話を聞くと、スウェーデンにはまだまだやるべきことがたくさんあります。 もっと早くにもっとや​​るべきだったと思うかもしれないが、今は自分の立ち位置を掘り下げる必要がある、と彼は言う。

 

 グスタフ・ゲスベリは、NATOに関連し、主に米国からの軍事援助を受け取り、提供できる必要性を強調した。

 

 - それで、ここに核安全な石室と2キロメートルの滑走路を備えた空港があることは非常に重要で良いことであり、もっともっと使えるはずだと思う、と彼は言いました。

 

 セーヴェ空港は現在、カステルム社が所有しています。

 

www.gp.se