新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「テロ等に対する注意喚起(テロ犯罪準備の容疑等で逮捕者)(2024年3月8日)、在スウェーデン日本国大使館より」

https://gdb.voanews.com/01000000-0aff-0242-e195-08db9f337a60_cx0_cy6_cw0_w1023_r1_s.jpg

スウェーデン「テロ等に対する注意喚起(テロ犯罪準備の容疑等で逮捕者)(2024年3月8日)、在スウェーデン日本国大使館より」

 

3月8日に在スウェーデン日本国大使館よりテロ等に対する注意喚起がでていますので下記に抜粋します。

 

●3月7日(木)、スウェーデン公安警察は、警察との合同作戦により、テロ犯罪の準備等の容疑で4名を逮捕しました。●3月11日(月)から4月12日(金)頃のラマダン期間中及びその前後は、テロの脅威が高まる傾向があり、特に今年は、イスラエルパレスチナ情勢を受け緊張が高まっていることに留意する必要があります。●テロ事件や不測の事態に巻き込まれないよう、引き続き、治安や安全対策に関する情報収集に努めつつ、安全に一層の注意を払ってください。●当館が作成している「安全の手引き」も2月に更新しましたので、ご参照ください。【本文】1 スウェーデン公安警察等の公表及び関連報道によれば、令和6年3月7日(木)、公安警察及び警察の合同作戦により、ストックホルム県ティレソー市(県東部、ストックホルム市の南東郊外。)のイスラム教関連施設を含む建物への突入・捜索が行われ、4名がテロ犯罪の準備及び重大な武器犯罪の容疑で逮捕されました。2 本件は暴力的イスラム過激主義との関わりがあり、IS(いわゆる「イスラム国」)との繋がりがあるとされているほか、重大な組織犯罪(ギャング)との繋がりも疑われています。ストレンメル司法相はメディアに対し、本件はスウェーデンに対するテロ脅威が高いことを確認するものであると言及しています。3 スウェーデンでは、令和5年6月以降コーラン焼却集会が多数行われたことなどを契機に、イスラム過激主義からの関心が高まり、同年8月17日以降、スウェーデンにおけるテロ脅威レベルを5段階中の3段階目(増大した)から4段階目(高い)に引き上げています。これは、テロ攻撃の意図と能力を有した活動家が攻撃を実行に移す脅威が高いことを意味します。4 折しも、令和6年2月29日付の外務省広域情報「ラマダン期間中の海外渡航・滞在に関する注意喚起」でお知らせしているとおり、3月11日(月)頃から4月12日(金)頃のラマダン月及びラマダン明けの祭り(イード・アル・フィトル)の期間が始まります。ラマダン期間中やその前後は、テロの脅威が高まる傾向があります。特に、今年はイスラエルパレスチナ情勢を受け緊張が高まっていることに留意する必要があります。また、同広域情報は、特に金曜日に注意すべきだと呼びかけています(ラマダン期間中は3月15日、22日、29日、4月5日、12日が金曜日に当たります。)。

www.anzen.mofa.go.jp