スウェーデン 福祉大国の深層 続報!

『スウェーデン 福祉大国の深層』を水曜社より商業出版(政府刊行物)して頂けました。読者の方からの要望を頂きスウェーデンの時事ニュースを主な内容とし、日本にも役立ち社会貢献にもつながるようなブログを記させて頂きます。

スウェーデン「生きてる死者、誤った死亡届数、2022年では46件」

https://www.svtstatic.se/image-news/992/16:9/0.46/0.3/3066ff4159473c1e0c692fb3a47d1cf1565110c2d49caeec5893326a0845b26b

スウェーデン「生きてる死者、誤った死亡届数、2022年では46件」

12月12日のSVTによれば、昨年誤って死亡届が出され、システム上から削除された人の件数は46件あり、2023年にも14件あったと報じています。

 

下記にSVT の記事を抜粋します。

 

ジョベリン、34歳、オロフストロム在住は、仕事、パートナー、幼い子どもたちと共に日常生活を送っていますが、書類上では3週間前から死亡しています。

今年に入ってから、スウェーデンでは14件の誤った死亡証明が登録されました。昨年は46件でした。

今年の11月14日、ジョナサン・ラベリンは自身の知らずに死亡宣告され、彼の個人番号に関連するすべてのシステムから削除されました。これはBLTが最初に報告したことです。

「経済的には何もできない」と彼は言います。

SVTが彼に会った直後、彼のパートナーは彼女が今や子どもたちの単独親権者であり、子どもたちが彼の後を継ぐことになるという手紙を受け取りました。

「誰かが自分のことを思っていない。楽しいことではない」とジョナサン・ラベリンは言います。

現在、警察はこの件を調査中です。罪状は文書偽造です。

オロフストロムの4人の「生きている死者」
2020年から2023年の間に、オロフストロムで4人が誤って死亡宣告されました。

これらのケースでは、手口は同じです。誰かが死亡証明書を記入し、クリスティアンスタッド中央病院の医師を名乗り、税務署によって死亡登録されていますが、被害者やその家族は知らされていません。

生命維持に必要な薬を受け取ることができなかった
SVTは匿名を望む他の誤って死亡宣告された人物に会いました。今日、彼は再び生存していると登録されていますが、2020年4月に死亡したことが記載された彼の死亡証明書を保存しています。

「最悪だったのは、生きるために必要な私の糖尿病の薬を受け取ることができなかったことです。幸いにも、少しインスリンを残していました」と彼は言います。

彼はこの出来事を一生背負うトラウマとして説明しています。

「毎日、毎晩、これについて考えています。誰かがこんなことをしていいなんて、ひどいことです」。