新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

ノルウェー「サイバー攻撃: 欧州最大の産油国の12省庁が攻撃被害」

https://in-cyprus.philenews.com/wp-content/uploads/2022/02/cyberattack2.jpg

ノルウェーサイバー攻撃: 欧州最大の産油国の12省庁が攻撃被害」

7月24日のロイター通信によれば、ルウェー政府が12の省庁でサイバー攻撃を受けたと発表しました。

現在ノルウェーは欧州最大のガス供給国であり、NATO最北の加盟国であるノルウェーの公共部門を襲った攻撃となっています。

 

 

ノルウェー政府の省庁がサイバー攻撃を受ける

 

オスロ、7月24日(ロイター)- ノルウェー政府は月曜日、12のノルウェー政府の省庁がサイバー攻撃を受けたと発表しました。これは、欧州最大のガス供給国およびNATO最北の加盟国であるノルウェーの公共部門を襲った最新の攻撃です。

 

「私たちは、私たちのサプライヤーのプラットフォームに脆弱性を見つけました。その脆弱性は現在閉じられています」と、省庁にサービスを提供する政府機関の責任者であるエリク・ホープ氏は記者会見で語りました。

 

ホープ氏によれば、サプライヤーのプラットフォームで「異常な」トラフィックが検知され、具体的な詳細は提供しないとのことです。攻撃は7月12日に発見され、警察が調査しています。

 

「誰がこれを裏で仕組んでいるのか、攻撃の影響はどれほど拡大しているのかは、まだ早い段階です」と述べています。

 

ロシアのガス供給量の減少により、ノルウェーは欧州最大のガス供給国であり、西ヨーロッパ最大の石油輸出国でもあります。

 

ホープ氏によれば、首相府や外務、国防、司法省は異なるITプラットフォームを使用しているため、影響を受けていないとのことです。

 

ノルウェーの国家部門は以前にもサイバー攻撃を受けたことがあります。例えば、2022年6月にはいわゆる分散型サービス拒否(DDoS)攻撃が行われ、それは「犯罪的な親ロシアのグループ」によって非難されていました。

 

NATO加盟国のノルウェーは、北極を挟んでロシアと国境を接しており、ウクライナを武器、人道支援、資金で支援しています。

 

ノルウェーのサイバーセキュリティ機関によれば、2019年から2021年までのサイバー攻撃の数は3倍に増加し、2022年の深刻な事件の数は2021年と同じ水準であると、今年2月に公表されたリスク評価レポートで述べられています。

 

報道:グラディス・フーシュ、編集:ルイーズ・ラスムッセン、テルイェ・ソルスヴィク

www.reuters.com