スウェーデン 福祉大国の深層 続報!

『スウェーデン 福祉大国の深層』を水曜社より商業出版(政府刊行物)して頂けました。読者の方からの要望を頂きスウェーデンの時事ニュースを主な内容とし、日本にも役立ち社会貢献にもつながるようなブログを記させて頂きます。

スウェーデン「ロシア核搭載機がスウェーデン領空侵犯」

https://imageproxy.b17g.services/convert?source=https%3A%2F%2Fasset-images.b17g.net%2Fapi%2Fv2%2Fimg%2F6244719de4b0182a12667680-1648653228528-.jpg&resize=894

スウェーデン「ロシア核搭載機がスウェーデン領空侵犯」

 

3月30日のスウェーデン民放TV4によれば、ロシアの核ミサイル搭載の戦闘機が、スウェーデンの領空を侵犯したと報じています。

 

www.tv4.se

 

このことは日本のメディアでも報じられています。

3月31日の日本経済新聞には次のように記されています。

 

【ロンドン=時事】スウェーデンの民放TV4は30日、核兵器を搭載したロシアの爆撃機が3月上旬、スウェーデンの領空を侵犯したと報じた。スウェーデン北大西洋条約機構NATO)に加盟していないが、欧州連合EU)の加盟国。ロシアはウクライナ侵攻に関連して核兵器使用をちらつかせており、核をめぐる緊張が一段と強まる可能性がある。

 

報道によると、領空侵犯があったのは3月2日。核兵器を搭載したロシアの2機の爆撃機スホイ24が、2機の戦闘機スホイ27に護衛されてバルト海に浮かぶスウェーデン南東部のゴットランド島付近を飛行した。

 

領空を侵犯したのは約1分間。スウェーデン空軍は2機の戦闘機を出動させ、ロシア機の写真を撮影した。この際に核兵器の搭載を確認したという。

 

スウェーデン軍はTV4の取材に詳細なコメントを控えた。しかし、空軍幹部は「意図的な行為で、非常に深刻だ。核兵器の使用を検討できるというシグナルだ」と述べた。

 

スウェーデンは1815年のナポレオン戦争終結以降、軍事的中立を維持している。ただ、ウクライナに対しては、ロシアによる侵攻後、防衛装備品を供給している。

www.nikkei.com