新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

偽のコロナ検査証明書発行!民間医療クリニックによる偽造事件

本日のスウェーデン感染者状況

本日におけるスウェーデンの感染者総数は537,967人、死亡者10,797 人、100万人あたりで感染者は53,085人、死亡者は1,065人になっています。 

日本の感染者数が334,328 人、死亡者4,548人、100万人あたりで感染者は2,648人、死亡者は36人です。 

スウェーデンにおける人口あたりの死亡数は29倍以上も日本より高いことになります。

 

民間医療クリニックで高額な偽コロナ検査証明書発行の発覚

現在、新たな変異コロナウィルスの感染拡大に伴い、日本でも水際対策措置として、検疫強化対象国・地域に指定された地域から、入国の場合、出国前72時間以内のコロナ検査証明書を提出しなければなりません。スウェーデンも日本の検疫強化対象国・地域に指定されている国となっています。

 

また日本だけではなくヨーロッパ諸国でも入国時に、コロナ検査証明書を提出を求める国も多くなってきています。

 

そのためスウェーデンでもビジネスなどで他国に行く必要がある人は急いでコロナ検査を行い証明書をとる必要がでてきています。

そうした中スウェーデンでは驚くべき事件が発覚しました。

 

スウェーデンの医療新聞ラッカティドニンゲンによると、ヨーテボリ市にある民間医療クリニックでは、偽のコロナ検査証明書を発行した疑いがあると報じられたのです。

 

証明書にはUnilabsと呼ばれる医療研究ラボで検査認定されたとし「認定ラボ:UNILABS」と記載されています。

 

しかしUnilabsはこのこのクリニックからのサンプルを受け取っておらず分析もしていないとし、警察へ報告したと記されています。 

lakartidningen.se

この民間医療クリニックは、すべてが誤解であり、代わりにコロナ検査のサンプルが、タターバイオセンターとサールグレンスカ大学病院で分析されたと述べています。

 

しかしタターバイオセンターとサールグレンスカ大学病院も、このクリニックのサンプルを分析していないと述べているのです。

 

偽コロナ検査結果をもち他国入国によるコロナ拡大

この記事によると、このクリニックではさまざまなコロナ検査を提供しています。最も高価なものは2690 クローナ(約3万6千円)で、2時間以内に結果が保証されるとあります。

 

しかし実際には検査ラボにサンプルも送らず、高額な検査費用だけ取って嘘のコロナ証明書を発行していた事件が発覚したのです。

 

この民間クリニックではもちろん正規の医師が働いています。

こうした正規の医師がいるにもかかわらず、目先の高い検査費のために偽のコロナ検査証明を発行してまで利益を求める人たちもいるのです。

 

そしてこの民間医療クリニックで偽コロナ検査証明書をもってヨーロッパを旅行した人もいると述べられているのです。

 

現在、ノルウェーやフィンランド、デンマークなど周辺諸国よりコロナ感染がひどいスウェーデンから、この偽の証明書をもって他国に入国した人もいるため、他国にコロナウィルスが広がるリスク拡大させてしまった可能性もあるのです。

 

これまでスウェーデンは独自路線といって特に規制をしなく、他の北欧諸国より非常に多い感染者数を出しています。そのため他の北欧諸国からもスウェーデンからの感染拡大が懸念されていました。

 

しかし昨年12月15日にコロナ委員会がスウェーデンの高齢者コロナ対策は失敗であると正式に発表し、現在はこれまでの独自路線から政府が中心となりコロナ対策を進める政策に方針を転換しています。

(その為これまで頑なにマスク使用を推奨してこなかったスウェーデンでも、現在はマスクの使用が強く推奨され、街中でもマスク使用者が増えてきています)