「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン国王、新型ウイルス政策は「失敗だった」と表明

https://ichef.bbci.co.uk/news/800/cpsprodpb/12948/production/_116140167_gettyimages-1141107150-1.jpg

12月17日の英国放送協会BBCによれば、スウェーデンのカール16世グスタフ国王は、新型コロナウイルス対策として同国が緩やかな政策を取ったことは「失敗だった」と述べたと報じています。

 

この発言は独自路線であったスウェーデンのコロナ対策が失敗したと多くの世界のメディアで注目を浴びました。 

 

www.bbc.com

18日の朝日新聞によれば、この発言はスウェーデンにおいて多くの死者が出ていることを受けたもので、政治とは距離を置く国王が「政策の批判」と受け取られる発言をするのは異例だとのことです。

多くの死者が出ていることを受けたもので、政治とは距離を置く国王が「政策の批判」(ロイター通信)と受け取られる発言をするのは異例だ。
多くの死者が出ていることを受けたもので、政治とは距離を置く国王が「政策の批判」(ロイター通信)と受け取られる発言をするのは異例だ。


この発言は、国王が王室の1年を振り返る毎年恒例の番組のインタビューで答えたもので、「私たちは多くの死者を出した。それはひどいことだ。私たち全員を苦しめるものだ」「亡くなる家族に温かい別れの言葉を告げられなかった人たちのことを思う。つらく、心に傷を残す経験だろう」など語ったとのことです。

 

これまで独自路線として世界から注目を受けていたスウェーデンのコロナ対策が、国王により「失敗である」と世界に印象付けられる発言でした。

 

www.asahi.com