「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「王室:プリンセスによるボランティア活動」

プリンセスによるストックホルムの病院でのボランティア活動

4月16日の新聞エクスプレッセンによると、スウェーデンのソフィア王女が3日間の看護教育コースを修了し、ストックホルムにあるソフィアヘメット病院でアシスタントとして、ボランティア活動をはじめたと報じられています。

 

この研修を終了したことでソフィア王女は、コロナ危機下で負荷が高くなった病院のボランティア活動ができるようになりました。


ソフィア王女は、インストグラムで

「この困難な時期にお手伝いできることは非常にやりがいがあります。ありがとう!」と記され、ソフィア王女は患者介護や清掃などでスタッフのサポートをしていきたい意欲的な様子が記されています。 

 

www.expressen.se

王室とビジネス関連の会議

スウェーデンの正式名称は「スウェーデン王国」であることからわかるように、スウェーデンには国王がいます。現在のベルナドッテ王朝7代目の国王はカール16世グスタフです。

 

一般的に天皇や国王は現代において権力は持たず象徴であるといわれています。

実際に日本の天皇は、憲法で象徴とされているため、憲法の定める国事に関する行ためのみを行い、国政に関する権能を有しない と記されています。そのため天皇の行動は厳格に規制され、政治・経済に携わることはできません。

 

しかしスウェーデンの王室も象徴とされていますが、少し日本の天皇とは様子が違います。 

 

1つの例としてスウェーデン国王は、ノーベル賞文学賞を選出するスウェーデン・アカデミーの憲章改正できる権利を所持しています。

 

2017年にノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーで、性的スキャンダルが発覚し、翌年のノーベル文学賞が見送られました。最終候補に村上春樹氏が選考されていたので、この年のノーベル文学賞がなかった事を記憶にある方もいらっしゃるかもしれません。 

 

これはカール16世グスタフ国王がアカデミー憲章の改正を実施したためです。そのためスウェーデン国王は象徴以上の権限をもってもいます。 

 

news.yahoo.co.jp

www.nikkei.com 

またスウェーデン王室が日本の天皇と違うことは、ビジネスや経済にも携われることです。スウェーデン王室公式ホームページによると、2010年に国王とシルビア王妃はブラジルを訪問しました。その際に、ブラジルとスウェーデン間の産業技術協力セミナーへの参加をし、現地企業への訪問をされています。 

 

www.kungahuset.se

ビクトリア皇太子妃も、2018年にスウェーデンのビジネス政策研究センター(SNS)で開かれた、都市化と経済における都市の重要性テーマにした、タイロサンド会議に参加されています。

 

www.kungahuset.se 

これ以外にもスウェーデン王室公式ホームページによれば、王室が多くのビジネス関連の会議に参加しスウェーデンのビジネスに貢献している内容の記事が多く記されています。


過去のスウェーデン王室の活動から考えると、ソフィア王女のストックホルムの病院でのボランティア活動も別の視点からもみることができます。