新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

フィンランド「NATO加盟後に東欧に戦闘部隊派遣の可能性」

 

https://www.yomiuri.co.jp/media/2023/04/20230401-OYT1I50022-1.jpg?type=SP_plural

フィンランドNATO加盟後に東欧に戦闘部隊派遣の可能性」

4月1日の読売新聞によると、フィンランド空軍のユハペッカ・ケラネン司令官がロシアと地理的に近い東欧に「戦闘機部隊を派遣する可能性が高い」と述べたと報じています。

 

フィンランド空軍のユハペッカ・ケラネン司令官が読売新聞のインタビューに応じ、フィンランド北大西洋条約機構NATO)に正式加盟した後、ロシアと地理的に近い東欧に「戦闘機部隊を派遣する可能性が高い」と述べた。フィンランドは約1300キロ・メートルの国境をロシアと接しており、対露防衛の知識や経験を同盟国と共有したい考えを示した。

 NATOは空軍力の弱い同盟国の領空警備を補完するため、共同で空中警戒任務を実施している。ケラネン司令官は、ウクライナに近いルーマニアブルガリアを挙げ、「我々にはロシアの軍事能力に関するノウハウがある。要請があれば任務に参加する」と語った。

 

フィンランド軍は指揮統制システムをNATOと統合するための点検作業中で、NATO任務への参加は作業が終わる今夏以降になるとの見通しも示した。インタビューは28日に訪問先のロンドンで行った。

 

www.yomiuri.co.jp