新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

フィンランド「社民党敗北、マリン政権の交代の見通し」

https://ichef.bbci.co.uk/news/976/cpsprodpb/FF23/production/_129051356_finncomp-index-epa.jpg.webp

フィンランド社民党敗北、マリン政権の交代の見通し」

フィンランドではフィンランド議会選挙が行われ、4月2日に開票が行われました。

 

4月3日の時事通信によれば、フィンランドでは社会民主党が敗れ、現在のマリン首相による政権が交代する見通しだと報じています。

 

2日投票のフィンランド議会(一院制、定数200)選挙は同日夜、開票が行われ、保守の野党・国民連合が第1党、欧州連合(EU)懐疑派のポピュリスト政党とされる野党フィン人党が第2党となった。マリン首相率いる中道左派の与党・社会民主党(SDP)は第3党に転落し、政権交代となる見通しだ。 


開票率9割超の段階で国民連合が48議席を獲得。フィン人党が46議席、SDPは43議席となった。いずれの党も過半数に届かず、最大政党の国民連合がまず政権樹立に向けて連立協議に臨む。国民連合のオルポ党首は記者団に「非常にうれしい。大きな勝利だ」と語った。一方、報道によると、マリン首相は支持者を前に「勝利者祝意を表する。民主主義の結果だ」と述べ、敗北を認めた。

 

 

sp.m.jiji.com