新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「銃殺事件:ヘルシンボリー市で40歳の男性死亡、犯罪グループの可能性」

https://images.unsplash.com/photo-1521437100987-e1cb2178879b?ixlib=rb-1.2.1&ixid=MnwxMjA3fDB8MHxwaG90by1wYWdlfHx8fGVufDB8fHx8&auto=format&fit=crop&w=1740&q=80

銃殺事件:ヘルシンボリー市で40歳の男性死亡、犯罪グループの可能性

1月18日のスウェーデン共テレビSVTによると、スウェーデン南部のヘルシンボリ市で男性が射殺される事件がありました。

17日の朝8時頃、警察はヘルシンボリ市で起きた銃撃があると通報を受け現場に駆け付けました。

 

現場では 40代の男性が負傷しており病院へ搬送されましたが、男性はその日の午後に死亡したとのことです。

 

現場のSVTの記者によると、車の運転席側に少なくとも4つの銃弾の穴があったとのことです。

 

近くにいるアレクサンドラ・フルンガーさんは銃声で目を覚ましました。

発砲があったと理解したとき…私はショックを受けました。まだ少し震えています。

と述べています。

 

警察は男性の死亡を受け殺人事件としての捜査を開始しています。

 

警察は容疑者情報をメディアで発表することを望んでおらず、

記憶にイメージを付けたくないので、加害者について何も話す事ができません。

警察のスポークスマンであるジミー・モディン氏はSVTで述べています。

 

しかし、ヘルシンボリ市警察署長カリム・オットソン氏によれば、容疑者が電動スクーターで現場から姿を消したのを見た目撃者がいるとのことです。

 

記事によれば、この状況から警察がこの殺人事件が、犯罪グループ間抗争であることを示唆しています

 

www.svt.se

 

現在、スウェーデンでは非常に多くのギャングによる犯罪が多発しています。

 

今回の男性殺人事件もギャング間抗争によりひき起こされた可能性の高い事件なのです。

 

 

kon-51.hatenablog.com