新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

コロナ感染危険国!WHOが11カ国の1つに指定

 

本日のスウェーデン感染者状況 

本日におけるスウェーデンの感染者総数は69,692人、死亡者5,370人、100万人あたりで感染者は6,901人、死亡者は532人にもなっています。 

日本の感染者数が18,723人、死亡者974人、100万人あたりで感染者は148人、死亡者は8人です。 

スウェーデンにおける人口あたりの死亡数は66倍以上も日本より高いことになります。

 

WHOにまでコロナ感染危険国11カ国のうちの1つに指定

6月25日にWHOはヨーロッパでコロナ感染拡大のひどい特別に危険な11カ国を指定しました。そのうちの10カ国は東ヨーロッパの経済的にも次の貧しい国々でした。

アルメニアモルドバ北マケドニアアゼルバイジャンカザフスタンアルバニアボスニアヘルツェゴビナキルギスタンウクライナコソボ

 

そしてスウェーデンはコロナ感染の特別に危険な11カ国うちの1つに指定されたのです。

 

これまで新聞やニュースなどで感染拡大がひどいと報道され続けていた、イタリア、スペインでさえ最近は感染拡大が緩やかになってきたせいか、この危険な11カ国には含まれていません。

 

さらにワールドメータスの統計からも、スウェーデンは特別危険な11カ国の中でも最も感染者数・死者数、および人口あたりの感染者数・死者数が多く、ヨーロッパで最もコロナ感染の高い国であることがわかります。

 

https://www.euro.who.int/en/health-topics/health-emergencies/coronavirus-covid-19/statements/statement-digital-health-is-about-empowering-people

 

 これに対してスウェーデンの公衆衛生局テグネル氏は、WHOがスウェーデンを危険な11カ国に含めたことに対して、

 「スウェーデンではコロナ感染者数が増えているが、これは以前よりもずっと多くのコロナテストを行っているからだ。人々はまったく問題のない国であるスウェーデンと、明らかにエピデミック(伝染病)が始まっている国々とを混同してしいることは残念だ」

「(WHOは事実を知りたければ)電話して聞くべきだ」と述べWHOを批判しています。

youtu.be

 

現在のスウェーデンのコロナ感染による人口あたりの死者数は世界でも7番目に多い数です。また5月21日の公共テレビSVTによれば、過去7日間におけるコロナ感染での人口あたりの死亡者数は、世界で最も高い死亡者数であったと報道されてもいます。

  

www.svt.se