「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

日本メディアの誤認報道??

本日のスウェーデン感染者状況

本日におけるスウェーデンの感染者総数は10,948人、死亡者919人、100万人あたりでは1,084人になっています。 

日本の感染者数が7,645人、死亡者143人、100万人あたりでは60人ですので、スウェーデンは人口あたり18倍以上も日本よりコロナ感染が広がっていることになります。 

コロナ対策方針変更検討中という日本メディアの誤認報道??

4月13日のFNNなど日本のニュースでは、スウェーデン政府が感染者急増にともない都市封鎖を検討し、コロナ感染対策方針の変更を検討していると報道されています。

ただスウェーデンが都市封鎖や感染対策方針を変更するといった記事は、この数日間にスウェーデンのメディアでされていません。恐らく4月7日にスウェーデンの政府が、コロナウイルスの蔓延を防止するために政府が迅速な決定を下せる法律が可決し際に、ローベン首相が議会の承認を得ることなく、政府が学校やショッピングモール、レストランなどの閉鎖が可能となり、都市閉鎖のようなこともできるかもしれないという発言を受けて、日本のメディアが記事にしたのだとも考えられます。

ただローベン首相が述べたのはあくまで法律上で可能性であるため、政府が対策方針を変更し都市封鎖を実行するかどうかはわかりません。都市封鎖の可能性発言と、政府のコロナ対策方針変更とは直接つながらないと考えられます。 

世界から注目されるスウェーデンのコロナ対策

スウェーデンではいまだに具体的なコロナ拡大防止の規制はされていません。

そのためいまだに人々は普段通りに外出をしています。特に先週末はイースター(キリスト教復活祭)で4連休であったため、いつも以上に人は外出しており、レストランやバーも人で賑わっていました。現在のコロナ感染状況は人口当たり日本の18倍です。しかしスウェーデンでは今も皆普段通りの生活を過ごしています。


こうした特に何もコロナ規制を出さないというスウェーデンの方針は、世界中から注目を浴びています。3月29日の英国放送協会BBCのニュースでは、「ロックダウン、何をロックダウンするのですか?」というタイトルで報道がされています。 

www.bbc.com

3月29日のニュースメディア「オムニ」の記事では、アメリカの通信社APが、スウェーデンはウイルス制限で逸脱していると記しています。 

omni.se
実際に規制を行っている他の北欧諸国、フィンランドやノルウェー、デンマークと比べスウェーデンでは感染者数が非常に多く、感染者の死亡率は隣国フィンランドと比べると8倍以上になっています。 しかし政府は現在もコロナ拡散防止規制をしない具体的な理由を明確に述べておらず、ローベン首相はコロナ拡大防止は国民一人ひとりの責任であると発表しています。ただ客観的にみてスウェーデンのコロナ対策が他の北欧諸国と比べ成功しているとは言い難い気もします。 

カロリンスカ研究所ステン・リナ-ソン教授による政府コロナ対策批評

こうした政府のコロナ拡大防止への無規制に対し、アメリカの通信社APの中で、政府の政策に異議を唱えている、カロリンスカ研究所のステン・リナ-ソン教授がインタビューに答えています。

apnews.com
リナ-ソン教授は、政府が選択した道筋に対する科学的根拠が不足していると考えています。またスウェーデンのコロナ対策が、台所で火災が起きつつも後で消火すると言いながら、家全部を焼き尽くして状況と同じと語っています。

 

公衆衛生庁のアンダーシュ・テグネル氏は閉鎖することは国民の健康によくないとし、スウェーデンでは閉鎖がされていません。しかし現在スウェーデンは規制を行っている他の国々と比較するととても高い感染率、死亡率となっています。

実際に国民の健康保護を唱える前に、多く方々がすでに亡くなられている状況であるため、リナ-ソン教授が語るように本末転倒である気もします。