新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

公衆衛生庁による個人の携帯情報収集

本日のスウェーデン感染者状況

本日におけるスウェーデンの感染者総数は10,151人、死亡者887人、100万人あたりでは1,005人になっています。 

日本の感染者数が6,748人、死亡者108人、100万人あたりでは53人ですので、スウェーデンは人口あたり18倍以上も日本よりコロナ感染が広がっていることになります。 

公衆衛生庁による個人携帯情報収集

4月8日の公共テレビSVTによると、スウェーデン公衆衛生庁が間もなく携帯通信企業テリアと協力をして、コロナ感染がどのように広がるか知るため、携帯個人情報にアクセスできるようになると報じています。 

www.svt.se

またスウェーデンだけではなく、3月15日のNHKによると、イスラエルのネタニヤフ首相は携帯電話の通信データ傍受し感染者の監視する方針を打ち出しています。現在のところイスラエルは人口割軍事輸出額が世界1位の国であり、またパレスチナともいまだ紛争をしている軍事国家です。

www3.nhk.or.jp
ただあまり知られてはいませんが、2014年アメリカのビジネス誌『ビジネス・インサイダー』によると、スウェーデンの人口当たりによる軍事輸出額はイスラエル、ロシアに次ぎ世界第3位です。そうしたスウェーデンイスラエルと似たように国家機関が携帯の個人情報にアクセスし、人々の動きを探ることで人々の動きとコロナウィルス蔓延との関連性を調査するとのことです。 

現在のところスウェーデン公衆衛生庁が携帯個人情報にアクセスする通達は携帯所有者にされておらず、情報収集同意に関する話は携帯通信企業からもされていません。もし国民の同意なしに国家が自由に個人情報へアクセスできるようになれば、民主主義国家の根幹を揺るがすと考えられます。コロナ感染蔓延防止のためではありますが、収集された個人情報が今後どのように使用されるか不安要素も残っています。

www.businessinsider.com