新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「最高裁判所の裁判官による万引き事件」

https://www.svtstatic.se/image/wide/992/34153782/1644321154?format=auto

最高裁判所の裁判官による万引き事件

2月8日のスウェーデン共テレビによると、最高裁判所の裁判官の1人であるアン・クリスティン・リンデブラッド判事は万引きの容疑で捜査を受けており、裁判官職から離職すると報じています。

 

彼女はいつもの彼女ではありませんでした。

と弁護人ヨハン・エリクソン氏は述べています。

 

犯罪容疑は1,250クローナ(約15,760円)未満の軽微な盗難に当たります。

 

アン・クリスティン・リンデブラッドは、罰を受ける準備ができていると弁護人を介し述べています。これは彼女が盗難を認めていることを意味します。

 

彼女は起こしたことについて深く後悔していると述べています。彼女はプライベートでも仕事でも多くのことがあり本来の自分ではなかった。彼女はこの結果(責任)を取ることにしました。

と弁護人ヨハン・エリクソン氏はSVTで語っています。

 

現在、アン・クリスティン・リンデブラッドは病気休暇中であり、盗難事件以降どの裁判にも参加していないと述べています。

 

現在彼女は67歳であり仕事に戻ることはもうありません。

 

最高裁判所のアンダース・エカ会長は、

ただこの盗難が食料品の買い物に関連でおきたことは理解しています。

と語り、リンデブラッドがクリスマス直前にこの事件について語ったものの会長は疑惑の背景について詳しく知らないと述べています。

 

この盗難事件は警察により特別調査がされており、数週間以内に終了する予定です。

 

この事件は検事長パー・ニコール氏が捜査を率い、店頭のおける盗難があったかを確認します。しかしそれ以上のことに関しては沈黙しています。

 

検事長パー・ニコール氏は、

捜査経過やその内容は、現時点ではコメント致しません。しかし、これは守秘義務によるものではありません。

と述べています。

 

www.svt.se

 

裁判官には大きな責任があり常に大きなプレッシャーがある職業です。ただ正義の番人として今後こうした事件を起こさないで欲しいものです。