新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スカンジナビア航空、マスク使用を義務開始

本日のスウェーデン感染者状況

本日におけるスウェーデンの感染者総数は27,909人、死亡者3,460人、100万人あたりで感染者は2,763人、死亡者は343人になっています。 

日本の感染者数が15,968人、死亡者657人、100万人あたりで感染者は126人、死亡者は5人です。 

スウェーデンにおける人口あたりの死亡数は68倍以上も日本より高いことになります。

EU規制に従い乗客にマスク使用を義務付けたスカンジナビア航空

5月13日のヨーテボリ新聞によると、欧州委員会(EU)はヨーロッパ内での旅行や観光が段階的に地域ごとにまもなく開始されると発表しました。それにあたりEUは、感染のリスクを減らすために各航空会社に、一連のガイドラインを提示しました。

ガイドラインの中で飛行場、飛行機内でマスクを使用することが示されています。

このEUガイドラインをうけ、スカンジナビア航空は5月18日から8月31日まで、6歳以上の乗客全員への飛行機内でマスクを着用することの義務付けをしました。

www.gp.se

これまで公衆衛生庁は「マスクはコロナ感染保護にはまったくたたない。またマスクがコロナ感染保護になるという科学的証拠がない」と述べてきました。 

しかしスカンジナビア航空は運行を開始するためには、EUのガイドラインに従う必要があるため、マスクの使用を義務付けることとなったのです。 

スカンジナビア航空に不満、スウェーデン公衆衛生庁

5月13日の新聞ディナ・ペンガーで、スウェーデン公衆衛生庁の疫学者アンダーシュ・テグネル氏は、スカンジナビア航空のマスク義務化決定の際に相談を受けていなく大いに不満があると報じています。

アンダーシュ・テグネル氏は、 

なぜ(マスク)をする必要があるのか、基礎知識や裏付けがない」

「なぜ(マスク)をするのか、それが私の政策より勝っているとは言えない」と語っています。

スカンジナビア航空は同社のプレスリリースの中で、「SASは業界標準に従っているだけ」と記しています。スカンジナビア航空はマスクを義務付けるEUガイドラインと、マスクを推奨しない公衆衛生庁の主張の間に立たされているようです。 

www.expressen.se