新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「コロナ情報:首相を含め党代表者3人がコロナ感染」

https://www.svtstatic.se/image/wide/992/33865570/1642153108?format=auto

コロナ情報:首相を含め党首3人がコロナ感染

1月13日のスウェーデン共テレビSVTによると、マグダレナ・アンダーソン首相を含めた党の代表者3人コロナ感染している事が判明したと報じています。

 

記事によれば、グダレナ・アンダーソン首相以外にも、グリーン党スポークスパーソンであるペール・ボールンド氏中央党党首アニー・ローフ氏もコロナ感染しているとのことです。

 

マグダレナ・アンダーソン首相の報道官は、

首相は、コロナ検査で陽性でありました。現在の推奨事項に従い、首相は自宅で仕事をする予定です

と発表しました。

 

グリーン党の報道官であるマイケル・ノーバーグ・トットによれば

ペール・ボールンド氏は大丈夫です。彼は昨日症状がなく、病気の兆候は見られませんでした。彼はスウェーデンの公衆衛生庁の勧告に従っていると我々は考えています

と発言しています。

 

グリーン党にはボールンド氏がどこでコロナ感染した不明だと述べています。

 

中央党のアニー・ローフ党首は12日に、コロナ検査で陽性であったと発表しました。

コメントの中で、症状がないが、PCR検査を待っている間は自身で隔離することを選びましたと書いています。

 

彼の報道官ペルニラ・エルドブローム氏はコメントで次のように記しています。

党首討論会の形式では、グループ指導部会議で議論され、全員が距離を保ち、議事堂内でマスクを着用することを呼びかけ、計画通りに実施することが決定された。

状況は継続的に見直されており、議会における党首会議が明日すでに計画されています。

 

スウェーデン政府で最も重要なマグダレナ・アンダーソン首相及び、党の代表者2名もコロナ感染してしまいました。早く回復することを願います。

 

ただスウェーデンでここまで感染が広がり、公衆衛生庁もマスク使用を推奨している中、コロナ政策を検討実施している首相を含めた政党代表者がマスク使用せずこれまで討論会にでれていたのには驚きでもあります。