スウェーデン 福祉大国の深層 続報!

『スウェーデン 福祉大国の深層』を水曜社より商業出版(政府刊行物)して頂けました。読者の方からの要望を頂きスウェーデンの時事ニュースを主な内容とし、日本にも役立ち社会貢献にもつながるようなブログを記させて頂きます。

スパイドラマ「ホームランド」さながら、スウェーデン諜報機関へスパイ潜入事件

https://images.pexels.com/photos/7299483/pexels-photo-7299483.jpeg?auto=compress&cs=tinysrgb&dpr=3&h=750&w=1260

アメリカのスパイドラマ「ホームランド

Netflexではホームランド」というアメリカのスパイドラマ人気となっています。

 

現在のところ8シーズンあり、大まかな内容としては、主人公である双極性障害を持つが有能なキャリー・マティソンはCIAに勤務し、アメリカ国内に潜入するテロリストと戦います。その後キャリーは海外支局勤務となり、さらに民間組織に転職しますが、過去の任務の影はついて回りテロリストと対決していくといストーリーとなっています。

 

シーズン3では、イランの諜報組織との戦いがアメリカ国内とイランを舞台として描かれており、イランの諜報組織の幹部ジャバディをおびき寄せるための秘密作戦を行います。

 

シーズン6では、アメリカCIA幹部ダール・アダールが、イランが協定に背いて北朝鮮核兵器開発しているというでっち上げ工作など、アメリカ諜報部やイラン諜報部とのスパイ活動が描かれた白熱するストーリーとなっています。

 

しかしこうしたイラン関連によるスパイ活動はドラマや映画だけではないようです。

 

スパイドラマ「ホームランド」さながら、スウェーデン諜報機関へスパイ潜入事件

9月23日のスウェーデン共テレビSVTによれば、スウェーデン諜報機関(Säpo)スウェーデンで働いていたウプサラ出身の男が、スパイ容疑で拘留されたとありました。

 

11月18日のSVTの記事によれば、拘留された9月時点ではこの男のスパイ行為は2011年から2015年の4年間であり、容疑は軽微なものと言われていましたが、実は10年以上にわたりスパイ行為が行われ重大なスパイ行為であったと報じられています。

 

11月19日のSVTの記事では、11月16日にも別の男がスパイ容疑で逮捕されており、その男は9月に逮捕された男の兄弟であったと報じられていました。

 

kon-51.hatenablog.com

 

また11月25日のSVTによれば、兄だけではなく、弟もスウェーデン諜報機関Säpo」で働いており、イラン出身でありイランとリンクしていることが判明したのです。

 

そして兄はスウェーデン軍の諜報安全機関である「Must」で働いていました。

 

www.forsvarsmakten.se

 

その後、スウェーデンで最も機密諜報機関である「KSI」の特別収集局に勤務していたのです。

https://www.regeringen.se/49bb4a/contentassets/824c516e802e447a9a4134d2d33a278d/underrattelsetjansten--en-oversyn

 

KSIでは、他国の諜報機関から情報源や亡命者を獲得することが任務の1つとなっています。

 

そしてこの容疑者はスウェーデンのウプサラ市で育ちましたがイランで生まれとのことです。ただ記事では疑惑がイランに関連しているかどうかは現在不明であると報じています。

 

しかしながらスパイドラマ「ホームランド」さながらに、他国諜報機関スウェーデンの最高諜報機関に長い間潜伏していたことが明らかになった事件であったのでした

 

www.svt.se