新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「コロナ情報: 来週より新たなコロナ規制の可能性」

https://static-cdn.sr.se/images/83/750a97b1-aa2a-41a9-993e-d5a2cc11c3c3.jpg?preset=1024x576&format=webp

コロナ情報: 来週より新たなコロナ規制の可能性

9月29日からスウェーデン政府は大幅な規制緩和をし、ほとんどの規制(勧告)が撤廃されています。そのため街には多くの人が戻ってきています。

 

しかし冬になり寒くなったためか、感染者が増加傾向にあり11月下旬以降1日2000人以上の感染者が続いています。

 

さらに南アフリカでオミクロン変異体が発見され、11月末にスウェーデンのヨンショーピング市でも2人がこのオミクロン変異体に感染している事が発覚しました。

 

kon-51.hatenablog.com

 

そのためか12月2日のスウェーデン共テレビSVTによると、政府とスウェーデン公衆衛生庁は、スウェーデンでまもなく新しいコロナ規制が実施されるかもしれないと警告を出しました。

 

レナ・ハレングレン社会問題大臣は記者会見で

我々は不確実な冬に直面しています。

と述べています。

 

そして感染拡大が続く場合には、レナ・ハレングレン社会問題大臣と公衆衛生庁カリン・テグマーク・ウィセル長官は公衆衛生庁による規制を再導入すると記者会見で発表しました。

 

その場合、人ごみや公共交通機関を避けマスク使用が推奨されることになり、雇用主は、デジタル会議などのリモート勤務実施が推奨されるとあります。

 

それでも感染拡大が抑えられない場合追加の措置も取られるとのことです。

 

公衆衛生庁カリン・テグマーク・ウィセル長官は、

感染拡大が今のペースで続くのであれば、早ければ来週にも新しい対策を導入する必要があるかもしれないと評価している。

と述べています。

 

レナ・ハレングレン社会問題大臣によれば、現在政府は公衆衛生庁のデータと対策提案を緊急に分析しており、来週の初めには行動計画を提出する予定とのことです。