「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「王位継承者の同性結婚可能と王立裁判所元帥」

https://images.aftonbladet-cdn.se/v2/images/8c777a71-28bb-40eb-b4f8-97451a268ab2?fit=crop&format=auto&h=978&q=50&w=1600&s=569eea3ae51d0366751324f8d4342ad30b9bfd76

スウェーデン:王位継承者の同性結婚可能と王立裁判所元帥

10月20日の新聞アフトンブラデットによれば、ウェーデンの王位継承者同性との結婚も自由であると報じています

 

スウェーデン王立裁判所の元帥であるフレドリック・ヴェルセル氏は、

継承命令は、王子もしくは王女が王位継承を維持する際に、結婚に対して政府の同意を得なければならないと規定しています。この部分の継承順序は古いものですが、現在では同性の人々の間で結婚することができます。

と語っています。

 

このヴェルセル氏の言葉の裏には、王位継承者が同性と結婚をすることが、王位継承を妨げるとは考えられないという意味があるようです。

 

そのため現在スウェーデン王位継承順位2番目である9歳エステル王女は、王位を失うことなく、性別を問わず好きな人と結婚することができるとあります。

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/c/cf/Nationaldagen_EM1B2126_%2848018060506%29.jpg

 

 

オランダ:王位継承者の同性結婚可能

この王位継承者における同性結婚の議論はオランダで始まりました

 

オランダ国の法律では王族の同性結婚について除外していると指摘された本が出版されたことから始まります。

 

そのためスウェーデンの王位継承者の同性結婚の話となる1週間前、オランダの首相が次期王位継承者である17歳のカタリナ・アマリア王女の王位継承者の同性結婚に関する説明をしました。

 

オランダの首相は、

政府は、王位継承者でさえ同性の人と結婚できると考えています。したがって王位継承者または摂政が、同性の人と結婚したい場合に王位を退位する必要はありません。

と述べています。

 

www.bbc.com

 

スウェーデン裁判所の専門家であるサラ・エリクソン氏は、

今後さらに多くの国が続いていくだろう

とも語っています。

 

他のヨーロッパ諸国の状況

しかし他のヨーロッパでは状況が違うようです。

 

イギリスでは、2014年から同性結婚が合法となっていますが、同性カップルイングランド国教会で結婚することは許可されていません。またイギリスの摂政はイングランド国教会の主教となるため、同性結婚についは長い議論となるとのことです。


ベルギースペインカトリック国であるため同性結婚は禁止されており、君主が同性パートナーを選べるかどうかは議論大きな議論となると報じられています。

 

www.aftonbladet.se

 

ただスウェーデンエステル王女も9歳、オランダのカタリナ・アマリア王女も17歳であり、本人が同性結婚をしたいと発言したわけではありません。

 

近年ジェンダー平等などの話題が多くなる中、メディアが王位継承者の同性結婚を取り上げることで、ジェンダー問題の話を必要以上に大きくしているようにも感じてしまいます。