スウェーデン 福祉大国の深層 続報!

『スウェーデン 福祉大国の深層』を水曜社より商業出版(政府刊行物)して頂けました。読者の方からの要望を頂きスウェーデンの時事ニュースを主な内容とし、日本にも役立ち社会貢献にもつながるようなブログを記させて頂きます。

ノルウェー「ビキニ問題:女子ビーチハンドボール ルール改正」

https://images.glavred.info/2021_07/1626811027-4483.jpg?r=128793

ビキニ問題:女子ビーチハンドボール ルール改正

最近、ノルウェーのビーチハンドボール女子代表がビキニを着用せず試合に出場したことが少しニュースになっています。

 

ビーチハンドボールでは男子選手が短パンの着用を認められていますが、女子選手は側面の生地の幅が最大10センチまでで、脚の付け根に向かって切り込んだ形のピッタリとしたビキニパンツを着用しなければならないと定められていました。

 

しかしノルウェーのビーチハンドボール女子代表がノルウェーのビーチハンドボール女子代表が、欧州選手権(EHF Beach Handball EURO 2021)の試合に短パンで出場したことに対し、国際ハンドボール連盟(IHF)の懲罰委員会が7月19日、1人あたり150ユーロ(約1万9400円)、チーム合計で1500ユーロ(約19万4000円)の罰金を科し物議をよんだのでした。

 

このニュースはスウェーデンでも報じられ、スポーツ大臣アマンダ・リンド氏は女性選手のビキニ着用強制を批判をしていました。

 

kon-51.hatenablog.com

https://www.gp.se/image/policy:1.45849013:1633015018/ZqVunxC4B-3FsxNwa00X5ftRgd4.jpg?f=Regular&w=1440&$p$f$w=60e716a

 

 

こうしたビキニ着用騒動をうけ、10月11日のスウェーデン共テレビSVTによれば、女子ビーチハンドボールルールが改正されたと報じられています。

 

この改正により女性は男性と同様にリネンとショートパンツを着用してプレーすることができるようになりました。

 

ルール改正前

https://handbollskanalen.se/wp-content/uploads/2021/10/F%C3%B6re-e1633860484345.png

 

ルール改正後

https://handbollskanalen.se/wp-content/uploads/2021/10/Efter-e1633860565903.png

 

 

しかしその改正条項には女子選手上半身ユニフォームは短くて「タイトな」ショートパンツと「体にフィットする」上半身のユニフォーム着用と記されています。しかし男性選手には明記されたショートパンツとやベストの決まりはありません。

 

これを受けU17代表チームの代表チームキャプテンマドリングスタフソンは、

なぜまだ(女性選手と男性選手のユニフォームに)違いがあるのでしょう?

と語っています。

 

また男子代表のジェスパー・クヌーソン氏も、

(国際ハンドボール連盟は)本当に何を話しているのでしょう?見た目としてショーツとタイトなユニフォームに大した違いはほとんどありません。

男性と同じように、女性選手がショートパンツでプレーすることは何が問題なのでしょうか?国際ハンドボール連盟はもう一歩を踏み出さないのはとてもばかげています。

と語っています。

 

女性選手のビキニ着用強制ルールは改正されましたが、まだ女性には体にピッタリとしたユニフォーム着用が義務づけられていることに、北欧の選手団は不満を抱いているようです。

 

handbollskanalen.se