「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「コロナ:期限切れワクチンを100人以上が投与される」

https://www.svtstatic.se/image/wide/992/32829311/1634046814?format=auto

コロナ:期限切れワクチンを100人以上が投与される

10月12日のスウェーデン共テレビSVTによると、スウェーデン南部ニュヒェーピング市では100人以上期限切れのワクチンを接種れました。

 

記事によると、ランスティングセームランド郡のニュヒェーピング市では、100人以上が11日期限の切れた古いコロナワクチンが投与されたとあります。

 

内部コントロール違反しました。

とワクチン接種マネージャーのマグナス・ヨハンソン氏はプレスリリースで述べています。

 

これらは月曜日にニュヒェーピング市の会場トレフェンで投与されました。自治体によると、ワクチンは正しく保管されていますが、メーカーのファイザーが推奨する有効期限が過ぎています。

 

投与を受けた人々はこのことを知らされています。

 

有効期限を過ぎているワクチン投与による既知の医学的リスクはなく、予備評価では、このワクチンがコロナウィルスへ抗体を作ることが示されています。ただ長期保管したワクチンへの影響についてワクチンメーカーのファイザーに問い合わせました。そうしたところワクチン接種をやり直す必要があるとのことです。

とマグナス・ヨハンソン氏は言います。

 

期限切れのワクチンを投与された102人のうち、88人は12歳から15歳であったとのことです。

 

www.svt.se