新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「コロナ情報:公共テレビSVTによる最新ニュース(8/25)」

https://images.unsplash.com/photo-1584483766114-2cea6facdf57?ixlib=rb-1.2.1&ixid=MnwxMjA3fDB8MHxwaG90by1wYWdlfHx8fGVufDB8fHx8&auto=format&fit=crop&w=1650&q=80

コロナ統計 8月25日(公共テレビSVTより)

本日、4人新たな死亡が報告されました。 公衆衛生庁の統計によると、スウェーデンでは14,674人がコロナ感染で死亡しています。

 

パンデミックが始まって以来、合計1,120,628件のコロナ症例が国内で報告されています。 これは昨日から1,270件の増加です。

 

スウェーデンの集中治療室では、コロナ感染の33人が現在集中治療を受けています。 それは昨日より4人少ないです。

 

地域が全国ワクチン登録(nationella vaccinationsregistret)に報告した内容に基づくと、成人人口の6,651,777人(81.2パーセント)少なくとも1回のコロナワクチンの接種をしています。

 

このうち、5,387,909人が2回の投与を受けました。 これは成人人口(18歳以上)65.8パーセントに相当します。

 

www.svt.se

18歳以下のワクチン接種率(公共テレビSVTより)

8月24日の公衆衛生庁統計によれば、2003年から2005年の間に生まれた164,033人1度目のワクチン投与を受けました。 これは46.7パーセントに相当します。

 

同年齢層の9,796人が2度目の投与を受けており、2.8パーセントに相当します。

 

2003年に生まれた人の中にはすでに18歳になっている人もいますが、統計では15〜17歳の年齢層になります。