「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

週に10万人のコロナ検査は結局未達成

本日のスウェーデン感染者状況

本日におけるスウェーデンの感染者総数は30,143人、死亡者3,679人、100万人あたりで感染者は2,987人、死亡者は365人になっています。 

日本の感染者数が16,285人、死亡者744人、100万人あたりで感染者は129人、死亡者は6人です。 

スウェーデンにおける人口あたりの死亡数は60倍以上も日本より高いことになります。 

週に10万回のコロナ検査は結局未達成

4月17日の公共テレビSVTによると、ローベン首相が、数週間後に一週間で5万人から10万人のコロナ検査を実施すると公表しました。 

スウェーデンの人口は1,023万人です。1週間で人口の約1%の人がコロナ検査を受けられることになります。


コロナ検査を大量に実施していると報道されるドイツでさえ、1週間で35万人、人口の約0.4%の人しかコロナ検査を受けれていません。しかしスウェーデンで1週間に10万人の検査実施は、ドイツの2倍以上のコロナ検査を実施していくことでありました。

 

ローベン首相の週に10万人発表の発表から1ヶ月が過ぎました。それでは政府が週に10万人のコロナ検査実施はできたのでしょうか?

 

5月16日のSVTによれば、先週には29,400人のコロナ検査実施されたが、政府が発表した10万人には程遠く、3分の1以下しか実施されていないと報じられています。 

www.svt.se 

政府の検査コーディネーターであるハリエット・ウォールべり氏は、1週間に10万人のコロナ検査実施できなかった理由を、 

「政府の目標を達成していない理由として、検査ラボで検査結果を登録システムがデジタル化されていないためだ。またもう1つの理由として、サンプルが採取されてから検査ラボに輸送するまでに時間がかかるためだ」と述べています。

 

元々4月17日に1週間で10万に検査すると発表した時点から、政府は具体的な検査方法がなく検討中であると発表していました。そのため検査登録システムがデジタルでないこと輸送手段が整備されていないことなど、4月17日の発表時点で初めからわからなかったようにも思えます。しかし政府は1週間で10万人のコロナ検査を実施すると、実現不可能であるような数字を国民や世界に向け発表していました。