新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

コロナ状況下ギャンブル中毒者を危惧、ギャンブル規制の開始

本日のスウェーデン感染者状況

本日におけるスウェーデンの感染者総数は20,302人、死亡者2,462人、100万人あたりで感染者は2,010人、死亡者は244人になっています。 

日本の感染者数が13,736人、死亡者394人、100万人あたりで感染者は109人、死亡者は3人です。 

スウェーデンにおける人口あたりの死亡数は81倍以上も日本より高いことになります。 

 

コロナ状況下ギャンブル中毒者を危惧、ギャンブル規制の開始

4月23日の公共テレビSVTによると、コロナ危機下でギャンブル中毒者が増加しているため、政府はギャンブル中毒者を減らすためにいくつかの規制をすると報道されました。そのためカジノへの預け入れ金の制限を、週に5,000クローナ(約5万3千円)に減らし、カジノ会社の与えるボーナスは100クローナ(約1,080円)に制限し、カジノでのプレイ時間に制限をかけるとのことです。 

このギャンブルへの規制は6月1日に発効され、年末まで適用されることが発表されました。

www.svt.se 

社会保障大臣のアードラン・シェッカラビ氏によれば、 

「今のコロナ危機の中、私たちが目にしている状況は、まるで危険なカクテルのようなギャンブル中毒のリスク増加である」、 

「私たち政府はか弱い消費者を保護し、ギャンブル中毒の危険にさらされている人々をこのコロナ状況で確実に守りたい」と語っています。

 

確かにそうなのかもしれません。ただ現在のスウェーデンでは、非常に多くの高齢者が死亡しています。4月25日の新聞アフトンブロデットで、与党・社会民主党のレナ・ハレングレン社会大臣が、高齢者保護のコロナ戦略が間違っていることを認めたほど、スウェーデンでは高齢者でのコロナ感染が広がっています。 

 

www.aftonbladet.se

一般的に考えれば現在のコロナ危機下、一番救わなくてはならないのは、ギャンブル中毒者増加防止より、いかに多くの高齢者を死亡から救う気がします。 

 

ギャンブル中毒者の保護を強く唱え人道主義政策を実施している事を強調するスウェーデン政府ですが、4月23日の公共テレビSVTによれば、 

「毎日の記者会見では、政府は集中治療室にまだ空きがあると強調している。しかし集中治療室利用の優先順位があり、多くの患者が集中治療室への搬送を拒否されている」と報道されています。 

 

そして慢性閉塞性肺疾患BMIが40以上の人、中毒患者、ペースメーカー利用者など、1つまたは複数の深刻な全身性疾患のある患者には、集中治療室での治療を施すべきではないというガイドラインストックホルムの病院で存在していたことが判明しました。これが政府の唱える人道的な高齢者保護政策であるのでしょうか。

 

www.svt.se 

多くの日本のメディアではこうしたスウェーデンのニュースはあまり報道されないはずです。今回のスウェーデンのギャンブルの規制にせよ、日本のメディアではスウェーデンはコロナ危機下でもギャンブル規制をし中毒者保護をする人道国家としての報道がされると予想されます。