「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

イギリス人からみたコロナ危機下のスウェーデンの対応

本日のスウェーデン感染者状況

本日におけるスウェーデンの感染者総数は14,385人、死亡者1,540人、100万人あたりでは1,424人になっています。 

日本の感染者数が10,797人、死亡者236人、100万人あたりでは85人ですので、スウェーデンは人口あたり16倍以上も日本よりコロナ感染が広がっていることになります。 

 

未だに特にコロナ規制のない現状

スウェーデンでは現在もコロナ拡大防止に対する規制は特にありません。世界で唯一といってもいいほど、コロナ拡大防止の規制や対策を打ち出していなく、海外メディアから注目をあびるようになっています。

 

ローベン首相は規制をするかわりに、国民一人ひとりが責任をもち、コロナ拡大防止に務める必要があると3月22日の演説で語っていました。そのため街中にははいまも多くの人がいます。またこの数週間は天気が非常によいため、多くの人たちが外出をしています。裸になり芝生で寝転がり、ビール飲みながら日光浴をする人たちも見ることができます。 

 

現在、スウェーデンのコロナ感染は日本の16倍以上、終結事例における回復者数と死亡者数比における、死亡率は73%以上となっています。

 

イギリス人からみたコロナ危機下のスウェーデンの対応

4月16日のスウェーデンメディアザ・ローカルでは、「スウェーデン人は世間知らずなのか、それとも部屋にいる唯一の大人なのか?」という見出しで、スウェーデンに住むイギリス人コピーライターのポール・ジャクソン氏が、イギリス人の目から見たコロナ危機下におけるスウェーデン人を批評しています。 

 

ポール氏によると、「私はスウェーデンに30年以上住んでいますが、生まれ育ったイギリスにいまだ足がついています。そのため毎日イギリスのニュースをみています。イギリス人の視点で現在のコロナ危機がどのように捉えられているかを見ると、スウェーデンの対応はよく言えば素朴ですが、自己満足感や傲慢さを感じるのです。

 

しかしスウェーデン人の視点では、このスウェーデンの対応は、落ち着いた成熟した対応と受け止めているのです」と語っています。

 

しかしスウェーデン人は、自主性を尊重し特にコロナ対策を打ち出さない政府の対応を、「落ち着いた成熟した大人」のような対応だと考える人もいると記されています。

 

パーティーの続くストックホルムの夜

ポール氏によれば、現在のスウェーデンでのほとんど生活は普段と変わらないが、1つだけ違うのはレストランとカフェは営業している、しかしほとんど客はいないと語っています。

 

実際にフィットネスクラブは公衆衛生局が運動は健康にいいからというため普段どおり営業されており、レストランやカフェも通常どうり営業しています、しかしいつもより日中帯での客は減っている印象をうけます。 

 

夜間帯はどうなのでしょうか? 

 

スウェーデン政府や公衆衛生局が規制をしない理由の1つとして、スウェーデン人が当局の助言を守る国民であるため、スウェーデンではコロナ規制をしないと発表していました。しかし4月19日の新聞アフトンブロデットによれば、多くの人たちがストックホルムへ夜中にパーティをしにくり出していると報道されています。

  

この記事のよると、誰もが当局の助言を聞いているわけではないそうです。
さらに携帯通信会社テリアの個人携帯追跡から、ストックホルムへ出かける人たちが、2週間前より数万人以上増加していると報じられています。

 

この記事により、全ての人たちがスウェーデン当局の助言を聞き入れているわけではなく、多くの人達がストックホルムに出向き夜にパーティをしていることが報じられています。


www.aftonbladet.se