「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

1週間で10万人のコロナ検査を実施発表

本日のスウェーデン感染者状況

本日におけるスウェーデンの感染者総数は14,385人、死亡者1,540人、100万人あたりでは1,424人になっています。 

日本の感染者数が10,296人、死亡者222人、100万人あたりでは81人ですので、スウェーデンは人口あたり17倍以上も日本よりコロナ感染が広がっていることになります。 

1週間で10万人のコロナ検査実施発表

4月17日の公共テレビSVTによると、スウェーデンのローベン首相が数週間後に一週間で5万人から10万人のコロナ検査を実施すると公表しました。レナ・ハレングレン社会相は、スウェーデンの新しいコロナ戦略として、社会的に重要な職務である警察や救急サービス、職員へのコロナ検査を今後実施していくと述べています。

ただこの政府の発言からいくつかの疑問も浮かびあがってきます。 

www.svt.se

1週間に10万人ものコロナ検査を実施することが実際に可能なのでしょうか?スウェーデンの人口は1,023万人です。その為1週間で人口の約1%の人がコロナ検査を受けられることになります。コロナ検査を大量に実施していると報道されるドイツでさえ、1週間で35万人、人口の約0.4%の人しかコロナ検査を受けれていません。 その為スウェーデンで1週間に10万人の検査実施は、ドイツの2倍以上のコロナ検査を実施することを意味します。

www.nikkei.com

また政府は「数週間後」と発表し具体的な日程を示していません。「数週間後」とはいつなのでしょう?スウェーデンではよく曖昧な期限を設け、いろいろと理由をつけ先延ばしにすることが多くあります。そのため1週間に10万人コロナ検査実施も「数週間後」といいつつ1ヶ月以上、もしくは数ヶ月、さらにそれ以上の日程がかかることも考えられます。 

さらに政府は1週間で10万人ものコロナ検査を数週間後に実施すると発表しましたが、いまだに検査実施方法は検討中とのことです。具体的な検査方法も確立されていず1週間で10万人ものコロナ検査実施が可能なのでしょうか?

1つの方法として個人が検査キッドを使い、検体を検査センターに送る方法もあがっていますが、個人で検査を実施するので検査に信頼性があるものなのかという疑問もあります。

 

しかしできる限り多くの検査実施が可能となり、感染拡大防止につながることを願います。