「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

隣国フィンランドコロナ対策の非難するメディア

本日のスウェーデン感染者状況

本日におけるスウェーデンの感染者総数は12,540人、死亡者1,333人、100万人あたりでは1,242人になっています。 

日本の感染者数が9,231人、死亡者190 人、100万人あたりでは73人ですので、スウェーデンは人口あたり17倍以上も日本よりコロナ感染が広がっていることになります。 

隣国フィンランドコロナ対策の非難するメディア

4月16日のスウェーデンの新聞SvDでは、3月14日のフィンランドのスキー競技会においてコロナ感染を広まったと報道されています。その記事によれば、3月14日にフィンランド当局は500人を超える集会の禁止したので、3月14日に開催されるはずであったフィンランドのヴオカッティでのスキー競技会は中止されました。しかしすでに競技者は到着しており、シーズンの最後なので夜にパーティーを行い、そこで数人がコロナに感染したとあります。


そしてフィンランドスウェーデンほど感染者数は多くない、しかしフィンランドのカイヌ地方では感染者が72人もいると述べ、フィンランドのコロナ対策が成功していないこような記事が掲載されています。 

www.svd.se 

しかし3月22日に公共ラジオSRによれば、スウェーデン北部のオーレ(Åre )のスキー場で、この時期にスキーに行きパーティを行っていたため、15人の人がコロナに集団感染をしたと報道されています。さらにスウェーデンのスキー場は政府が唯一もうけた500人以上の集まっての集会禁止規定は次回から守るとし、今後は499人で営業を続けるとまで述べていました。スウェーデンのスキー場では、コロナ感染が拡大したものの、その後の対策が十分ではない気もします。 

sverigesradio.se

www.expressen.se

 

メディアによる大衆操作

一般的にスウェーデン人道主義環境保護国としてのイメージが強いのではないでしょうか?実際にスウェーデンのメディアでは人権問題や環境問題のニュースが多く報道されています。そのため多くの国民も人権問題、環境問題に強い関心をもっています。しかしメディアはしばし一定の考え方やイメージに聴衆を誘導することができる力も持っています。

 

例えばスウェーデンのメディアでは、インドや中国、中東など他国の人権問題や環境問題について多く報道がされています。ただこうしたニュースを毎日のようにみていると、視聴者は他国の状況はなんと良くないのだと感じてしまいがちです。人権問題、環境問題にニュースの時間を多くとるということは、他のニュースの時間が少なくなるということです。スウェーデンにおけるメディア報道の傾向として人権、環境問題が多い半面、国内の犯罪事件などにとる時間が短いような気がします。

 

ただ実際にスウェーデンでの拳銃事件数は人口当たり日本の176倍もあり、性犯罪数も人口当たり日本の80倍以上にのぼります。また爆弾事件も頻発しており、日本と比べると人口当たりの大きな犯罪数がとても高い国なのです。


しかしスウェーデンでは他国のニュースが多く報道され、国内の事件や問題に費やす時間が短いため、なかなか国民は国内の大きな事件や問題に気づけません。

4月16日のSvDの記事でフィンランドのコロナ対策を非難するような記事がありました。もしかするとスウェーデンのコロナ対策がフィンランドよりも上手くいっているように、読者を誘導するメディア手法の1つなのかもしれません。