「北欧、幸福の安全保障」 新刊発売中

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、北欧の人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障状況についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「比較!日本政府とスウェーデン政府のコロナ政策」

本日のスウェーデン感染者状況 

本日におけるスウェーデンの感染者総数は7,206人、死亡者477人、100万人あたりでは714人になっています。 

日本の感染者数が3,906人、死亡者92 人、100万人あたりでは31人ですので、スウェーデンは人口あたり23倍以上も日本よりコロナ感染が広がっていることになります。 

比較!日本政府とスウェーデン政府のコロナ政策

日本政府は4月3日に、コロナ治療薬として可能性のある富士フィルム製アビガンを、無償で他国に提供することを発表しました。現在、すでに30各国から要請がきているそうで、他国と協力し多くの臨床試験を行うことで、コロナ治療薬開発スピードを加速させていくとのことです。4月3日の日経アジアでもドイツ政府も大量のアビガンを購入する予定だと報じられています。 

asia.nikkei.com

また安倍首相は4月3日にスウェーデンのロベーン首相と電話会談を行い、コロナウイルスの世界的な感染拡大の収束に向けて、人工呼吸器の製造や調達を含む医療面を中心に、緊密に連携していくことで一致しました。


ロベーン首相は同日4月3日に演説を行い、演説の中で今後数千の人が死ぬだろうと話し、その準備をしていると語っています。ただ首相が多くの国民が死ぬことに対し準備ができているという言葉に違和感も感じます。心の準備ではなく、政府は他のヨーロッパ諸国と同様な、具体的なコロナ政策の制定が優先ではないかと考えます。 

www.aftonblad

現在、多くの日本人が日本政府や安倍首相のコロナ対策に不満を感じていると報じられています。日本政府とスウェーデン政府と少し比較します。


日本は他の先進国と比べると非常にコロナ感染を抑えている国の1つです。またマスクの配布や国民一人ひとりへ30万円の現金給付、経済対策、コロナ治療薬アビガンの事前準備、世界へコロナ危機集結への国際協力など多くのコロナ対策を日本政府は迅速に行っています。さらに4月3日の安倍総理大臣とロベーン首相の電話会議で、ロベーン首相にスウェーデンに在留する日本人への支援を要請し、ロベーン首相も支援すると応じました。日本政府は海外在留邦人の保護、国民の生命を優先しているように感じます。


スウェーデンのロベーン首相は、3月15日の演説で、コロナ感染防止は国民一人ひとりの責任であると発言しています。4月5日のスウェーデン国王グスタフ16世の演説でも、

「私は今日、父と祖父母を失う危険にさらされている私の国にいるすべての子どもたちについて考えています。彼らのために、私たち一人ひとりが責任を持ってそして利他的に行動しなければならない」と語っています。 

www.kungahuset.se

ただ政府の政策により学校閉鎖せず、子どもたちにもコロナ感染が広がっています。現在も小中学校、幼稚園の閉鎖はしておらずコロナ感染が広がっています。3月15日の演説では、政府のコロナ感染拡大防止の責任は述べず、国民一人ひとりの責任と述べるのはおかしいはずです。

 

日本国政府スウェーデン政府の政策や発言を客観的に比較すると、

具体策の有無、責任のあり方、国民の生命・健康の保護に対して大きな違いがあることがわかります。 

www3.nhk.or.jp