新ブログ名「北欧、幸福の安全保障」新刊、5月24日よりアマゾン先行販売開始

新刊「北欧、幸福の安全保障」が発売されました。内容は幸福度の高い北欧社会を「幸福」という視点から多面的に捉え、人々の幸福の基盤ともなるNATO加盟を含む安全保障についても記載しています。 現在、全国の書店で販売中!

スウェーデン「カロリンスカ大学病院、医療崩壊危機!?」

本日のスウェーデン感染者状況

本日におけるスウェーデンの感染者総数は6,443人、死亡者373人、100万人あたりでは638人になっています。 

日本の感染者数が3,139人、死亡者77人、100万人あたりでは25人ですので、スウェーデンは人口あたり25倍以上も日本よりコロナ感染が広がっていることになります。 

 

カロリンスカ大学病院、医療崩壊危機!?

4月1日の新聞アフトンブロデットによると、公衆衛生庁のアンダーシュ・テグネル氏は、スウェーデンでは他の北欧諸国より死亡率は高いが感染者数は低いと述べ、公衆衛生庁がコロナ対策の規制をしない考えが正しいことを強調しています。その理由の1つに、ストックホルム医療機関がうまく機能していると発言していました。

 

しかし4月1日の独立系メディアであるレイテスト・フロム・ヨーロッパによるとスウェーデンの病院は今、医療崩壊の危機間近であるとのことです。ノーベル生理学・医学賞の選考委員会があり、スウェーデン最高峰の医療を提供する、ストックホルムのカロリンスカ大学病院の職員からリークされた院内ニュースレターには、集中治療室(ICU)が危機的な段階にあるため多くの患者に治療ができなくなっていると記されています。そのカロリンスカ大学病院院内ニュースレターには「私たちは重要な立場にいます。現在の状況が大幅に下がらない場合、ストックホルムのすべての集中治療ベッドが今週末までに満杯になる可能性があると予測されています。」と記されています。

 

このニュースレターによると、今週末までには集中治療室のベッドが満杯になると記されているため、本日4月5日時点ではすでにカロリンスカ大学病院において、重篤のコロナ患者の対応ができない状態になっていることになります。

 

こうした病院の医療崩壊危機状況にもかかわらず、4月1日に公衆衛生局庁のアンダーシュ氏は、ストックホルムの医療施設は問題ないと発言し、スウェーデンではコロナ対策規制をしない自分たちの政策が間違っていないと主張してます。

 

公衆衛生局庁の発言へやや疑問も生じてきます。